ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型AirPodsはユーザーの意向を忖度してくれるか?

新型AirPods?

f:id:tkan1111:20180202170928p:plain

AirPodsの新型モデルのニュースが流れている。今年は「Hey Siri」での「Siri」起動、来年2019年は防滴モデルになると予測している。

www.itmedia.co.jp

 

ユーザーの望みどおり?

これらの変更をユーザーは望んでいるのだろうか。筆者は毎日使用しているが、「Hey Siri」に未対応だということすら知らなかった。

雨中のランニング時に防滴は喜ばしいが、水没しても使えた実験結果もあるので、現行モデルでもある程度の水滴には耐えられるようだ。

www.appps.jp

 

現行AirPodsに要望できるとしたら、つぎの3点だ。

 

  • Qi充電
  • マルチポイント
  • ノイズキャンセリング

 

Qi充電

Qi充電に対応したiPhone Xを購入してから、車載と自宅用にワイヤレス充電器を導入した。「たかがケーブルを挿さないだけ」と思っていたが、使いはじめるととても快適で、ケーブルを挿す作業がひどく面倒に感じるようになった。

Apple WatchはQi充電ではないがワイヤレス充電なので、Lightningケーブルを使うのがAirPodsの充電だけになっている。AirPodsがワイヤレス充電に対応すれば、すべてのLightningケーブルを撤去できる。

昨年のAppleが発表した「AirPower」ではAirPodsもワイヤレス充電に対応していたので、新型AirPodsでは対応するだろうけど(ワイヤレス充電器対応のケースの別売りもあるかも)、Qi充電に対応してくれれば、AirPowerだけではなく、市販のワイヤレス充電器も使用できる。

 

マルチポイント

 複数機器で利用する場合、AirPodsの切り替えを手動で行うのが面倒だ。自宅ではMacに、屋外に出たらiPhoneに、iPhoneがなければApple Watchに自動で切り替え接続してほしい。

tkan1111.hatenablog.com

 

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング機能はほしいところだが、ノイズキャンセリング機能がついているSONYのワイヤレスイヤホン『WF-1000X』は、バッテリーの持ちや通信量の調整に苦労しているようだ。

www.gizmodo.jp

 

ノイズキャンセリング機能がついてもバッテリー稼働時間が減っては使い勝手が悪くなる。そもそもオープン型のイヤホンであるAirPodsではノイズキャンセリングは実現しにくい。

筆者が求めるのは、マイクのノイズキャンセリングだ。歩きながら使用することも多いAirPodsだが、会話中にマイクがノイズを拾ってしまって相手に伝わりづらい。Siriで命令するときも同様だ。

「Hey Siri」を導入し、今よりもSiriを推奨するのであれば実現してほしい。

 

新型のお披露目は6月WWDC?

新型の導入は6月のWWDCだろうか? WWDCはソフトウェア開発者のイベントなので、新型ハードウェアの発表は控えめだ(昨年は10.5インチのiPad Pro、iMac Pro、HomePodと豊富だったが、それまで三年間はハードウェアの発表はなかった)。新型AirPodsと同時に「AirPower」も発売するだろうが、昨年すでに発表しているのでインパクトは小さい。

別に噂される新型iPadとともに、サイレントローンチになると予想する。