ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

ジョブズへの二度目の挑戦

早くも新型iPhoneのニュースが届いた。

www.bloomberg.co.jp

 

例によって、信憑性は疑わしいが、Apple社内では秋に出るであろう新型iPhoneの仕様が確定する時期ではある。

f:id:tkan1111:20180202145506p:plain

今年は三機種?

報道では、

  • 過去最大のiPhone
  • 現行iPhone Xの改良版
  • iPhone Xの廉価版

 

の三機種の販売が予定されるとある。Appleの今までの定石どおりハイエンドに搭載した新機能を廉価版に投入するだろうから、iPhone Xにのみ行われたホームボタン廃止とFace ID搭載は通常のiPhone(iPhone 8s?)でも実行されるだろう。

注目は、「過去最大のiPhone」だ。

 

過去最大のiPhoneの可能性

iPhone XのPlus版が今年は登場すると筆者は予測していたが、報道のとおりであれば、7インチ程度の大きな画面サイズの製品のようだ。ありえる話だと思う。

狭額仕様のiPhone Xは「画面面積」では現行iPhone 8Plusを上回る。これでは5.5インチサイズのiPhone X Plusを出しても差別化ができない。画面サイズで差異を出すためには、より大きな画面サイズの製品が必要だ。

ふたつめの理由は、Apple Pencilだ。本物のペンのように扱えると好評なApple PencilだがiPadにしか対応しておらず、iPhoneでは使えない。現行iPhone Xより大きな画面であればApple Pencilを使用できる。

3つめの理由は、iPad miniだ。iPadが廉価版とiPad Proの2モデルに強化されたのに、iPad miniは長らくモデルチェンジを行っていない。Apple Pencilに未対応だ。iPadと現行iPhoneとの隙間を大型サイズのiPhoneで埋めようと考えてもおかしくない。

 

二度目の反抗

スティーブ・ジョブズは生前「7インチタブレットは中途半端だ」と反対した。ジョブズの予言通り、iPad miniは成功したとは言い難い状況だ。

大型iPhone Xの存在が事実なら二度目の中型タブレットへの挑戦となる。iPhoneブランドを使っての新たな挑戦は成功するだろうか?