ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Appleのディスプレイの影に中国メーカー

Appleが新しいディスプレイを開発しているニュースが飛び込んできた、

www.bloomberg.co.jp

SoCと同じ道

今までAppleはサムスン電子、ジャパンディスプレイなどの日韓メーカーから液晶やLEDを購入していたので、今回の自社開発はコスト削減が主な目的だろう。

過去にもAppleはSoCを自社開発に切り替え、iPhoneなどに搭載されるAシリーズを開発製造している。現在のiPhone、iPadで最も製造原価がかかっているのはディスプレイなどで、そこに手をつけるのは自然の流れだろう。

スマホ市場で優位に

この報道の注目点は、マイクロLEDといわれる最新技術の開発というところだ。マイクロLEDは現在流通している有機LEDよりも製造が難しい。だからこそ、横並びになりつつあるスマートフォン市場で優位に立つためにAppleは挑戦しているのだろう。マイクロLEDは省電力と薄型化にアドバンテージがある技術で、導入されれば今より軽量のデバイスを製造できる。

ファブレス企業であるApple

Appleは従来より、いわゆるファブレス企業で製造工場を自社で所有しない。新製品が流出するのは製造を委託しているのも原因の一つだ。だが、それを補って余りあるメリットがある。需要に応じて臨機応変に生産量を調整でき、かつ製造施設を保有するリスクを負わなくてもすむ。

今回のディスプレイもSoC同様、自社で研究開発したのち、どこかのアジア企業に製造を委託するのだろう。

中国メーカーの影

iPhone Xが初めて導入したノッチは、あっという間に他のメーカーに模倣された。Face IDの精度はともかく、Appleと他メーカーとの技術的差異は小さくなってきている。特にファーウェイ、OPPOなど中国メーカーの伸長は著しい。

コスト面では歯が立たないし、頼りのブランド力もどこまで通用するかわからない。そもそもブランド力とは、良い製品をポジティブなイメージで発信し続けて初めて維持できるものだ。

ブランド力を維持し、他メーカーと差別化するために、Appleは更なる技術革新としてマイクロLEDの開発に着手しているに違いない。

www.kantakayama.com