ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iOS11.4搭載の「iMessage in iCloud」の使い方

iOS 11.4公開

AppleはiOS 11.4を公開した。

iphone-mania.jp

11.3で対応する予定だったAirPlay 2やHomePodのマルチスピーカ化にようやく対応。ただ、このふたつの機能の恩恵を受ける日本人ユーザーは現時点では少ないだろう。

iMessage in iCloudとは?

もうひとつの目玉が「iMessage in iCloud」だ。メッセージアプリ「iMessage」のデータをクラウド上に保管し、複数のデバイスで同期をとる機能だ。

メッセージのやりとりにLINEしか使っていない人には関係ないが、Appple純正だけにApple製品を複数持っているなら、iMessageは使い勝手が良い。iPhone Xでは「アニ文字」も使えるし。

f:id:tkan1111:20180530081337j:plain

iMessage in iClouldの主な機能

  • 複数デバイスで同期を取れる
  • iCloudにメッセージデータを保存できる
  • 新しいデバイスにメッセージ内容を復旧できる

設定方法

1. iPhoneの「設定」の一番上にある「ユーザー名」をタップ

f:id:tkan1111:20180530082745j:plain

2. 「iCloud」をタップ

f:id:tkan1111:20180530083050j:plain

3. 「iCloudを使用しているAPP」内の「メッセージ」をオン

f:id:tkan1111:20180530083214j:plain

複数デバイスで同期を取る

今までも時間が経つと同期がとれていた気もするが、iMessage in iCloudを設定すると、すぐに同期がとれる。

メッセージを受信すると、MacとiPhoneのいずれか使用しているデバイスに「通知」が届く(未使用時はiPhoneが優先)。

iPhoneで既読にすると、Mac側も瞬時に既読になる。今までは同期がうまくとれず、MacとiPhone両方で既読にすることもあったが、これからはその手間はいらない。

f:id:tkan1111:20180530083711j:plain f:id:tkan1111:20180530083729p:plain

iCloudに保存

iMessage in iCloudを設定すると、メッセージの保存期間を「無制限」に変更すると案内が出る。

今までもメッセージの保存期間は「無制限」を選択できたが、これからはiCloudに保存できるので、他のアプリのデータと同様にデバイス内のデータはストレージ容量に応じて最適化される。その場合でもiCloudには全てのメッセージデータが保存される。iCloudの容量が不足すれば、クラウド上にも保存できなくなるが、その場合は警告してくれる。

f:id:tkan1111:20180530083952j:plain

新しいデバイスへの復旧

iPadなどの新しいデバイスを購入する時、同じApple IDでログインすれば、過去のメッセージを復旧できる。

一度使ってみよう

iCloudに対応したことで、iMessageはさらに使いやすくなった。今まで使っていなかった人は良い機会なので、一度使ってみよう。LINEは複数のデバイスでの利用が難しいが、iMessageはそんなことはない。特にMacとiPhoneを使用している人は便利なはずだ。

もっともメッセージアプリは相手がいないと使えないのだけど。

www.kantakayama.com