ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

WWDC 2018 直前予想

WWDC 2018開幕

f:id:tkan1111:20180526161811p:plain

いよいよ日本時間で今夜WWDC 2018が開幕する。例年通りAppleが何を発表するか注目が集まっている。

ここにきてハードウェアは何も発表しない予想が増えている。

ヤダヤダー! WWDC 2018ではiPad ProもMacBookも発表されないかも… | ギズモード・ジャパン

筆者の予想は、一週間前とほとんど変わらない。

www.kantakayama.com

 直前に改めてアップデートしてきます。

iPhone SE2: 発表する

飽和状態のスマートフォンの売上を維持・拡大するために、Appleはラインナップを増やす必要がある。安価なモデルであるiPhone SE2は中国メーカーに対抗するのにうってつけの製品だ。事前情報通り、Face ID搭載の新形状で登場するだろう。

MacBookなどMac製品: 登場する 

昨年同様に、MacBook ProなどでCPUやSSD容量をアップデートする。開発者のイベントであるWWDCは、開発機であるMacを発表するには絶好の舞台だ。Macの位置づけが相対的に下がっている現状、WWDC以外に発表する場がない。

噂になっているARM版MacBookは時期尚早と判断する。

www.kantakayama.com

AirPower: 登場しない

WWDCに充電器であるAirPowerは馴染まないと思う。AirPowerを発表すると、AirPowerに対応した新型AirPodsも発表しなければならず、さらにWWDCの目的から遠ざかってしまう。あるならイベント後のサイレントローンチだろう。

iPad: 登場しない

廉価版がでたばかり。

iOS / macOS / tvOS / watchOS: 登場する

例年通り発表のメインになるのが各OSの紹介になるだろう。今年は新機能追加よりもOSの安定に注力する報道が多い。

他社の動向をみたときに、やるべきことはSiriの大幅アップデートだ。拡大するスマートスピーカー市場で遅れを取りリビングの機器を他社に制圧されるのはAppleにとって大きなリスクだ。

そこがわからないApple経営陣ではないだろう。

www.kantakayama.com

HomePod: 登場しない 

廉価版HomePodの登場が噂されているが、ハードウェアの進化よりもまずはSiriの拡張だ。HomePodを大量に販売するより、手元に持っているiPhoneの音声認識が進化した方がAppleにとっては有利だ。今秋登場するだろう新型iPhoneに高機能マイクを追加するかもしれない。

当たるも八卦当たらぬも八卦

いろいろと予想したけど、マーケティング的に筆者は予想しているので、確証があるわけではない。まあ、「予想」を逆さに読んだら「うそよ」、「予測」を逆さに読んだら、「  」ですからね。

www.kantakayama.com