ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

次期iPhoneにUSB-C充電アダプタ同梱でユーザー歓喜

次期iPhoneにUSB-C充電アダプタ

Lightning端子に代わり、USB-Cを次期iPhoneに搭載する噂があったが、今度はiPhoneの同梱の充電アダプタがUSB-C仕様に変更になる報道がでた。

www.macotakara.jp

f:id:tkan1111:20180704100742p:plain

このアダプタは18Wの充電に対応しているらしく、従来の充電アダプタよりiPhoneを高速で充電できる。

iPhoneのType-C搭載よりもワイヤレス充電

iPhoneのUSB-C搭載は眉唾ものだった。LightningよりUSB-Cの方が、横幅が大きいし厚みもある。iPhone本体を少しでも薄くしたいAppleとしては、Lightningを維持したいところだろう。Lightning端子はiPhoneだけではなく、AirPodsにも利用されている。全てのデバイスを分厚いUSB-Cに移行するよりはワイヤレス充電に移行したいのがAppleの意向に違いない。

一方で、充電アダプタ側の端子をUSB−AからUSB-Cに変更するメリットは前述の高速充電だ。Lightning端子もUSB-A端子も高速充電に対応しているが、ケーブルが高速充電時にかかる高電圧に非対応の場合がある。ケーブル経由のiPhoneへの高速充電は、純正のUSB-C − LightningケーブルしかAppleは認めていないので、ユーザーは別途ケーブルを購入しないといけない。このケーブルは、通常のLightningケーブルよりも太くなっている。

ワイヤレス充電に対応しても、ケーブルと充電アダプタは同梱しないといけないなら、高速充電対応のアダプタとケーブルの方がユーザーフレンドリーだ。

iPhone側は変わらずLightning端子なので、今までのLightningケーブルも、モバイルバッテリーもそのまま利用できる。

Macユーザーも嬉しい

近年モデルチェンジを果たしたMacBook、MacBook ProのコネクタはUSB-Cに移行済みだ。MacでiPhoneを充電するときは、純正USB-C − Lightningケーブルを別途用意しなければならなかったが、iPhoneに同梱のケーブルが変更になれば活用できる。スマートフォンに比べて大容量のバッテリーを積むMacから充電できるのは、いざというとき便利だ。

確度が高いUSB−C充電アダプタ報道

流出写真がフェイクの可能性はあるが、状況的にはUSB-C充電アダプタへの移行は妥当と思われる。おそらく秋にはApple幹部の指につままれた新しい充電アダプタがお目見えするだろう。

www.kantakayama.com