ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

次期iPhoneの5色展開はオレンジのAirPodsを生む

5色展開!

f:id:tkan1111:20180706164845p:plain

次期iPhoneが5色用意されている報道があった。

japan.cnet.com

次期iPhoneは3モデル用意されていると言われており、そのうちの6.1液晶モデルが多色展開する内容だ。

  • iPhone X後継 (5.8インチOLEDモデル)
  • iPhone X Plus (6.5インチOLEDモデル)
  • iPhone 8後継 (6.1インチ液晶モデル)

色の種類は「グレー、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジ」で、最近のiPhoneにないカラフルな内容だ。特にオレンジは過去のiPhoneでは使われていない色だ。

 iPhone 5cの再来?

多色展開というと、2013年にAppleが発表したiPhone 5cを思い出す。iPhone 5cはiPhone 5sよりは100ドル安く、価格帯があがってきたiPhoneの低価格レンジを担った。iPhone 5cは廉価版の割に価格が中途半端だったことと、カラフルな外装に似合わず液晶面は黒しかないこともあり、ヒットはしなかった。

可能性あり

iPhone 5cの失敗を思い返すと今回の多色iPhoneは眉唾な噂に聞こえるが、可能性は十分あると思う。

昨年のiPhoneのラインナップでは、iPhone Xが高すぎたのが課題となった。10万円を価格帯に入ったiPhone Xよりも、安価なiPhone 8の方が売れた。高価なOLEDを価格に見合うものとユーザーは認めなかった。

とはいえ、投資したOLEDを捨てるわけにはいかず、昨年以上に拡販していきたい。そのためにiPhone Xの後継モデルを値下げし、10周年の特別なiPhoneから標準のiPhoneとポジションを広げ、昨年のiPhone 8の価格レンジの上位をカバーする。低価格帯は液晶モデルで受けたいところだ。

廉価版扱いになる次期iPhone 8を多色展開し、シェアを伸ばしている中国勢に対抗する戦略は十分に考えられる。

開発が進んでいたはずのiPhone SE2の姿が未だに見えないのも、低価格レンジをカバーする次期iPhone 8が用意されているなら肯ける。

多色展開は美味しい

Appleとしては、多色展開は成功させたい戦略だ。Appleというとモノクロでシンプルなデザインの印象が強いが、昔の初代iMac、最近ではApple Watchのバンドとカラフルな製品もだしている。多色展開のよいところは、多様な嗜好をもつユーザーをとりこめるのと、周辺機器の売上が伸びることだ。

オレンジのiPhoneを持っていて、同色のAirPodsが売っていたら買ってしまいたくなる(えっ、そうでもない?)。もちろん、色ごとに在庫を管理しないといけないが、Apple Watchのバンド販売で在庫管理のノウハウをもっているだろうし、クックCEOはサプライチェーンの神様と呼ばれた人だ。

スマートフォン市場が飽和化しつつあり、iPhone Xの反省から、これ以上の値上げも難しいとすると、カラフルなiPhoneで低価格帯を攻めるのは理に叶う。

www.kantakayama.com