ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

watchOS 5からわかる新Apple Watch4

watchOS 5発表

WWDC 2018でAppleが発表したwatchOS 5は、秋に正式リリースされるだろう。

例年通りなら、Appleは新Apple Watch series 4を発表するはずだ。今回発表のwatchOS 5から新しいApple Watchを予想してみよう。

50%の新機能がワークアウト

f:id:tkan1111:20180607194739p:plain

AppleのサイトにでているwatchOSの主な機能は9つ。USのみの対応である「学生用IDカード」をのぞくと、半分がエクササイズ関連だ。

watchOS 5の主な機能

  • アクティビティの競争
  • 自動ワークアウト検出
  • 新しいワークアウト
  • 新しいランニング機能
  • トランシーバー
  • Appleの Podcastアプリケーション
  • Siriのアップデート
  • 強化された通知機能
  • 学生用IDカード

打倒Garmin

最初はラグジュアリー時計市場も狙っていたApple Watchは、series 2よりエクササイズ向けに重心を移してきた。

watchOS 5にもランナーや運動する人が要望していた機能を多く追加してきた。ランニング向けウォッチとしてはGarminが大手だったが、Apple Watch登場後は、ウェアラブル時計の市場でシェアを落としている。

昨年Q4のウェアラブル市場ではAppleが21%、Garminが6.5%のシェアだった。Appleが昨年より50%以上出荷台数を伸ばしているのに対して、Garminは5%以下しか伸びていない。

f:id:tkan1111:20180607173720p:plain

引用:IDC

求められるバッテリー持続時間

当初iPhoneがないと満足にワークアウトに使えなかったApple Watchは、series 2でGPS、series 3でCellularモデルを追加し、iPhoneがなくても使えるように進化していった。

ただ、まだGaminに負けているのがバッテリー持続時間だ。Apple Watch series 3がGPSを使用した屋外ワークアウトつまりマラソンをしたときのバッテリー持続時間は最大5時間。

f:id:tkan1111:20180607174924p:plain

Garminの最新モデル「ForeAthlete® 645 Music」はGPSと心拍計で最大14時間。Apple Watchとの差は大きい。

f:id:tkan1111:20180607175229p:plain

バッテリー増量と省電力化

5時間あれば十分と思われそうだが、フルマラソンとスタート前の準備時間を考慮すると5時間では足りない。保つかもしれないが、ランニング中に途切れるリスクは絶対に避けたいのがランナーだ。

次期Apple Watchでバッテリーが強化されると予想する。ただ重くなってしまえば、少しでも荷物を軽くして走りたいランナーは毛嫌いするだろう。

今回の発表ではApple Watchの省電力化の話題はなかった。ランナーに訴求できるバッテリー増量と省電力化による持続時間の改善が新型Apple Watchでは見られるに違いない。

今更トランシーバー搭載の理由

もうひとつのヒントは「トランシーバー」だ。トランシーバーのようにApple Watchユーザーが交互に話す機能だ。Apple Watchはすでに電話にもFacetime Audioにも対応して、音声で会話ができる。トランシーバーは面白いが、コミュニケーションツールとしては退化している。それなのに、どうしてこの機能が必要なのだろう。

f:id:tkan1111:20180607185220p:plain

音声電話の進化形は、テレビ電話だ。iPhoneはFacetimeで対応しているが、カメラがないApple Watchでは相手を見て会話ができない。もしも、次の新型Apple Watchがカメラ内蔵なら、退化したようなトランシーバー機能は付与しないだろう。

以上から、新型Apple Watchはカメラを内蔵しないと予測する。エクササイズが主目的な今のApple Watchにとって、重量増になり、バッテリを食うFacetimeは厄介者だ。

あくまでも予想ですから

WWDCで発表した内容から予想してみました。バッテリー増量、省電力化、、できれば薄型軽量化が新Apple Watch 4で実現すると予想する。

根拠は薄いですが、新製品がでるまで、こうやってあれこれ考えて楽しめるのがApple製品の楽しみですよね。

www.kantakayama.com