ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

ユーザーから見た新型Apple Watch 4とApple Watch 3の比較

新型Apple Watch登場

f:id:tkan1111:20180913133514p:plain

ついにApple Watch series 4が登場した。流出情報通りの部分もあれば、そうでなかった部分も。最大の変更点はやはり大型ディスプレイ。Apple Watch 3と比較していきます。

Apple Watch 3とApple Watch 4を比較

外観

f:id:tkan1111:20180913134205p:plain

薄くなったデジタルクラウン、目立たなくなったセルラーモデルを示す赤いマーク、感圧式のサイドボタンと、Apple Watchシリーズとしては初のフルモデルチェンジ。デジタルクラウンとサイドボタンの間にある穴はマイク。マイク機能が改善したことで、よりクリアな会話が楽しめる。

f:id:tkan1111:20180913220134p:plain

 

デジタルクラウンは、擬似的フィードバックを返してくれる。非常に小気味よい感触が指先に伝わるそうだ。

f:id:tkan1111:20180913143124p:plain

サイズ

ケースサイズが、それぞれ2mmずつ大型化。ちなみに44mmというのは縦の長さ。アルミニウムモデルでの比較はこちら。横も1mm前後長くなり、重くもなっている(44mmモデルは約5%の重量増)。

40mmモデル(カッコ内はseries 3の数値)
  • 縦:40 mm (38.6 mm)
  • 横:34 mm (33.3 mm)
  • 厚さ:10.7 mm (11.4 mm)
  • 重量 30.1g (26.7g)
44mmモデル(カッコ内はseries 3の数値)
  • 縦:44 mm (42.5 mm)
  • 横:38 mm (36.4 mm)
  • 厚さ:10.7 mm (11.4 mm)
  • 重量 36.7g (34.9g)
既存のバンドが流用できる。40mmモデルは以前の38mmのバンドを、44mmモデルは40mmのバンドが使える。

厚さは0.7mm薄くなっている。初代Apple Watchは10.5mmだったが、Apple Watch series 2から11.4mmになったので、初代の厚さに近い。

f:id:tkan1111:20180913140204p:plain

ディスプレイ

f:id:tkan1111:20180913134731p:plain

Apple Watch 4で最も大きく進化したのが、ディスプレイ。約30%増えたディスプレイサイズはベゼルレス仕様になり、四隅が丸く表示できるようになったのが大きい。この変更により、情報量が増えた新しい文字盤も使える。

f:id:tkan1111:20180913144916p:plain

ディスプレイが大型化すると、気になるのが連続使用時間だが、新技術であるLTPOの導入により、連続使用時間は18時間とseries 3から変更がない。

f:id:tkan1111:20180913145139p:plain 

センサー

f:id:tkan1111:20180913142901p:plain

Apple Watch 4は電気心拍センサーを内蔵し、心電図を測定することができる(日本での対応は未定)。光学式心拍センサーも第2世代に進化。

今回のApple Watchはアスリート向けよりもヘルスケアに特化してきた。転倒防止は、転んでしばらく動かないと緊急電話をかけてもらえる機能。高齢化まで対処してくれる優しいApple Watch。

f:id:tkan1111:20180913145501p:plain

一方で、新しい文字盤から推測された温度計や紫外線センサーなどの他のセンサーの追加はなく、ネットからの情報を表示するだけだった。

カラー

ステンレススチールにゴールドを追加。金属っぽい高級感のある色。代わりに初代からあったApple Watch Editionがなくなり、Apple Watchの高級路線はついに消滅し、スポーツと健康への特化が更に明確になった。

f:id:tkan1111:20180913143401p:plain

基本性能

S4になり最大2倍高速化した。iPhoneと異なり、Apple Watchはseries 3でも動作が機敏とは言えなかったので、Apple Watchは体感できるかも。

f:id:tkan1111:20180913143719p:plain

容量

Apple Watch 4からは16GBに統一。8GBモデルは消滅。8GBはGPSモデルだけにあったので中途半端ではあった。

f:id:tkan1111:20180913143918p:plain

背面

f:id:tkan1111:20180913144002p:plain

背面は全面セラミックに変更。見た目の印象もずいぶん変わった。緑色のランプの周りにある部分で心拍数を検知する。

f:id:tkan1111:20180913144159p:plain

Bluetooth

5.0に進化。省電力化に貢献している。

f:id:tkan1111:20180913145537p:plain 

価格

Apple Watch series 4 (40mmモデル)
  • GPSモデル・・・45,800円
  • GPS + Cellularモデル・・・56,800円
Apple Watch series 3 (販売当初。38mmモデル)
  • GPSモデル・・・36,800円
  • GPS + Cellularモデル・・・45,800円

大きさは異なるが、それぞれ9,000円の値上げ。かなり強気の価格設定だ。Apple Watchが普及期に入り、買い替え需要も増えると予測しての値上げだろう。

まとめ

Apple Watch 4の特長はなんと言っても大型ディスプレイによる新型文字盤「インフォグラフ」の採用だ。

初代から情報量が少ないと言われてきたが、 8種類のコンプリケーションは十分すぎる。公式には表明されていないが、series 3までのモデルでは新しい文字盤を使うことはできないだろう(使えたら驚くが)。

watchOS 5から追加になったコンプリケーションだけではなく、過去にもあったコンプリケーションも「インフォグラフ」だと表示が異なり、四隅にリアルタイム情報を表示できる。

f:id:tkan1111:20180914210130p:plain

カップラーメンを作る時に便利そうなタイマー

画面が大きくなれば、ランニングなどの運動時の視認性も高まる。watchOS 5のワークアウトからより詳細な情報を参照できるので、画面が大きいとありがたい。

f:id:tkan1111:20180915094215p:plain

大型化しても、サイズと重量はそれほど変わらないので、運動していてじゃまになることはないだろう。

一方で、今回健康面にフォーカスしてきた中で、目玉の心電図機能が日本では今のところ未対応。危険を察知して連絡してくれるのが嬉しいApple Watchユーザーがどれだけいるのか。

Apple Watch 3ユーザとしては、大型画面のメリットをどう考えるかがApple Watch 4へ買い替えるかどうかの判定基準になるだろう。

筆者は買い換えるか迷い中(昨年までは毎年買い替えてきた)。iPhone XSへの買い替えは(たぶん)行わないので、Apple Watchは買い替えてもいいかなと思っている。series 3を中古で売れば、差額は2万円程度だろうし。

www.kantakayama.com