ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新しい文字盤は新型Apple Watch 4限定機能?

<追記:2018/09/13>

Apple Watch series 4が発表になりました。series 3との比較はこちら

新しいコンプリケーションについては、こちら

衝撃的な新しい文字盤

f:id:tkan1111:20180831135727p:plain 

しつこく新型Apple Watch 4について。流出した新Apple Watchが表示している新しい文字盤は情報量が多く、Apple Watchユーザー待望の新機能だが、新型Apple Watch限定の疑いがある。

豊富な情報量

 

f:id:tkan1111:20180903074302p:plain
f:id:tkan1111:20180903073226p:plain
左が流出画像。右が現行モデル

新型Apple Watchは全体の大きさは変わらず、画面だけが大型化すると言われている。

現行Apple Watchは画面枠がかなり太い。背景が黒いのでわかりづらいが、左の流出画像と比較すると右の現行モデルは上下左右の枠が大きい。

流出画像は曲面に入るぎりぎりまで情報を表示できているように見える。

新しい文字盤は10個のコンプリケーションを同時に表示し、豊富な情報量をもつ。現行モデルの小さな画面で表示すると文字が小さくなり読み取れない可能性がある。

四隅のコンプリケーション

流出画像に登場した四隅のコンプリケーション。今までの文字盤では、隅のコンプリケーションはアイコンだけで、文字情報を表示できなかったが、流出画像ではストップウォッチの経過時間を表示している。隅に曲線を描いて表示する文字情報は、枠いっぱいまで画面が広がったからこそ実現できたように思える。

f:id:tkan1111:20180903075529j:plain

新たなコンプリケーション

流出画像で確認できる新しいコンプリケーション「UVI」「気温」は、現行モデルでは計測できない数値だ。

この機能が新Apple Watchの”売り”なら、新しいコンプリケーションを用いる文字盤自体を新型モデル限定にしてもおかしくない。

ユーザー待望の文字盤だが……

筆者には、情報量が豊富なこの文字盤が登山向けに見える。気温もUVIも登山するのにはわかると便利な数値だ。

今までApple Watchは主にランニングと水泳向けとして取り上げられることが多く、登山向けとしてPRされたことがなかったので、新モデルは新しい方向性をもったApple Watchということになる。

新モデル限定とすることで、新しい文字盤をApple Watch 4のシンボル的存在として、現行モデルと差別化したとしても不思議ではない。