ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型Apple Watch 4のスペック・価格・新機能を予測

<追記:2018/09/13>

Apple Watch series 4が発表になりました。series 3との比較はこちら

新型Apple Watch の名称は?

新型Apple Watchの名称は「Apple Watch series 4」になる見込み。初代こそApple Watchで「series X」はなかったが、2016年発売の新製品からApple Watch series 2というナンバリングがついた。ご丁寧に初代Apple Watchのボディに新しいチップを搭載した「Apple Watch series 1」も同時に発売している。

2017年にはApple Watch series 3が登場したので、今年は順当どおりApple Watch series 4にしない理由がない。

名称:Apple Watch series 4

派生モデルは?

昨年は、無印以外にエルメスとのダブルブランドのラグジュアリーモデルApple Watch Hermès、スポーツ向けのApple Watch Nike+、セラミックを使用した高級モデルApple Watch Editionが登場した。この4つのモデルは、2016年、2017年連続して同じ組み合わせなので、今年も変わらないと予測。

気になるのはApple Watch Editionがどうなるか。2年連続同じセラミックボデイを用いたが、今年も同じなのか。近年のApple Watchは高級志向よりもスポーツ志向なので、新しいボディを開発しないと思う。

派生モデル:変わらず4モデル

f:id:tkan1111:20180903074302p:plain

ボディサイズは?

流出画像どおりなら、42mmのボディサイズは変わらず、既存のバンドを使うことができそうだ。38mmと42mmの組み合わせも変わらないだろう。Appleは頻繁に新バンドを発表し、バンドの売上拡大に注力している。

後述するようにディスプレイを大型化してもボディサイズは変更しないぐらい既存バンドを継続して使えることに気を使っているので、38mmも継続するだろう。

ボディサイズ:変わらず。38mmと42mmモデルを継続

GPS+Cellularモデルは?

Apple Watch series 3から登場したCellularモデル。iPhoneがなくてもApple Watch単体でLTE接続できるCellularモデルは、今年も発売されるだろう。

iPhoneとApple Watchの両方で同じ携帯電話番号を使えるようにするために、全世界のキャリアが新たなシステムをキャリア網に導入したので、わずか一年で方針転換するとは思えない。

逆にGPSモデル(Cellularなし)がなくなり、Cellularモデル一本に収斂する可能性はないのだろうか。現状のCellularモデルはGPSモデルより9,000円高い。Cellular機能を標準機能にしてしまえば、付加価値がなくなり、価格も一元化し選択肢がなくなる。お手頃のオプションとしてGPSモデルも継続するだろう。

GPS+Cellularモデル:変わらず。GPS・Cellularモデル両方とも継続

ケースの素材は?

スポーツ向けがメインの今のApple Watch。軽量のアルミニウムケースは当然残すだろう。流出画像はステンレスケースなので、こちらも存続。メインストリームではないが、ラグジュアリーの方向性も残して損はないので、セラミックケースも存続。

ケースの素材:変わらず。3種類のケース

ディスプレイサイズは?

流出画像と噂のとおり、約15%拡大した大画面ディスプレイが搭載される。公式画像を流出させた9to5Macによると、Apple Watch 4の解像度は384x480(series 3は312x390)と拡大する。WWDCで発表されたようにwatchOS 5ではWebページの表示が可能になるので、より高解像度・大画面化したApple Watch 4は最適の選択になるだろう。

ディスプレイサイズ:約15%拡大。高密度化も進む

新機能は?

流出画像にはUVI(紫外線指数)、温度表示のコンプリケーションが確認できる。もうひとつの新機能は、温度計・UVセンサーだ。すでに内蔵した多くのセンサーとあわせて、Apple Watchは登山向け時計としても使えるようになる。

f:id:tkan1111:20180831145505p:plain
f:id:tkan1111:20180831144459p:plain


新機能:紫外線センサー、温度計

ボタン類は?

Apple Watch 4ではサイドボタンとデジタルクラウンの形状が変わり、Taptic Engingeを用いた疑似ボタンに生まれ変わる。物理ボタンを廃して、防水性能が高まりそうだ。

f:id:tkan1111:20180902181456p:plain
f:id:tkan1111:20180831143543p:plain

ボタン類:物理的ボタンは廃止

スペック

Apple Watch series 3はデュアルプロセッサS3とWirelessチップW2を搭載している。series 4では進化版のS4とW3を用意してくるだろう。

watchOS 5でWebページを参照できるようになり、通信量が増大すると共にバッテリー消費量も増える。Apple Watch最大の課題である連続使用時間を維持するために、省電力のBluetooth 5に対応すると思われる。

スペック:S4・W3を内蔵。Bluetooth 5に対応

色は?

基本的に既存のカラーを踏襲すると思われる。既存のバンドと色を合わせるためにも、そう簡単にカラーバリエーションを変更できない。

流出画像はゴールドのステンレスケースに見える。series 3にはアルミニウムにはピンクがかったゴールドはあるが、ステンレスにはない。series 3ではセラミックのブラックが追加になったように、新たな色モデルが追加しそうだ。

色:ステンレスゴールドなどの新色を追加

価格は?

Apple Watchはバンドと本体ボディの種類が豊富なので、一番人気と思われる42mmのアルミニウムモデル(GPS)で、比較する。

  • Apple Watch series 1 27,800円
  • Apple Watch series 2 48,000円 (発売当時) 
  • Apple Watch series 3 39,800円

series 2からseries 3に変わって結構値下げしたのですね(間違えていないよね?)。ディスプレイサイズ、新しいセンサーと値上げ要素もあるが、普及に拍車をかけるために、願望も込めて値段据え置きで。

値段:据え置き(願望も込めて)

まとめ

  • 名称:Apple Watch series 4
  • 派生モデル:変わらず4モデル
  • ボディサイズ:変わらず。38mmと42mmモデルを継続
  • GPS+Cellularモデル:変わらず。GPS・Cellularモデル両方とも継続
  • ケースの素材:変わらず3種類のケース

  • ディスプレイサイズ:大型化・高密度ディスプレイ
  • 新機能:紫外線センサー、温度計
  • ボタン類:物理的ボタンを廃止
  • スペック:S4・W3を内蔵。Bluetooth 5に対応
  • 色:ステンレスゴールドなどの新色を追加
  • 値段:据え置き(願望も込めて)

当初懐疑的に観られていたApple Watchは最近は人気がでてきて、最も売れている腕時計になった。初の大型モデルチェンジを果たし、新機能を搭載した新しいApple Watch 4はさらなるユーザーを獲得するだろう。

www.kantakayama.com