ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

意外と知らないApple Watchのコントロールセンターの使い方と裏技的要素一覧

Apple Watchのコントロールセンター

iPhoneのコントロールセンターみたいにApple Watchにもコントロールセンターがあるが、筆者を含めてあまり使っている人がいないような気がする。意外と知らないコントロールセンターの使い方と裏技を解説します。

f:id:tkan1111:20181030084107p:plain

コントロールセンターの呼び出し方法

文字盤下端から上にスワイプする。

裏技的要素:文字盤下端で指を留めておくとコントロールセンターの先端が表示して、上に引っ張ることができる。いきなりスワイプするのが苦手な方は。

コントロールセンターの戻し方

コントロールセンター画面で上から下にスワイプする。

裏技的要素:Degital Crownかサイドボタンを押しても閉じることができる。

f:id:tkan1111:20181030084413p:plain

左上のアイコンの意味

コントロールセンターの左上にiPhoneらしきアイコンが表示される。これはiPhoneと接続していることを意味する。iPhoneが機内モードになるなど接続できない状態になると、赤く表示される。

 

f:id:tkan1111:20181030084918p:plain
f:id:tkan1111:20181030085118p:plain
左がiPhoneと接続している状態、右がiPhoneと切断している状態

iPhoneと未接続でApple Watch単体でWi-Fiに接続しているときは、このアイコン。

f:id:tkan1111:20181030085606p:plain

セルラーモデルなら、モバイルデータ通信の信号強度が表示される。

f:id:tkan1111:20181030085737p:plain

コントロールセンター機能一覧

Wi-Fi

f:id:tkan1111:20181030084637p:plain

Wi-Fiの接続をオン・オフできる。iPhoneのコントロールセンターと同様に、現在接続しているWi-Fiの制御で、他のネットワークのWi-Fiは無関係。一度オフにしたWi-Fiに再接続する条件は、以下のとおり。

f:id:tkan1111:20181030090009p:plain

裏技的要素:iPhoneがWi-Fiに接続していたのに、Apple Watch単体だとWi-Fiに接続できないことがある。接続しているWi-Fiが802.11acだと、Apple Watchは802.11acに未対応なので単体では接続できない。watchOS 5からApple Watch単体でWi-Fiの接続設定ができるので、Apple Watchで使用できるWi-Fiの設定をしておこう。パスワード入力画面は無駄に格好いいので一度試してみてほしい。

f:id:tkan1111:20181030090810p:plain

機内モード

f:id:tkan1111:20181030091152p:plain

機内モードのオン・オフができる。

裏技的要素:iPhoneの機内モードと連動する設定にしておくと、iPhoneの機内モードをオンにすると、Apple Watchの機内モードもオンになる。iPhoneとApple Watchの接続も切断されるので、iPhoneの機内モードをオンからオフにしても、Apple Watchの機内モードは解除されない。Apple Watch側でも手動で解除する必要がある。

  • iPhoneの「Watch」アプリ→「マイウォッチ」→「一般」→「機内モード」→「iPhoneを反映」をオン

f:id:tkan1111:20181030091650p:plain

f:id:tkan1111:20181030091817p:plain

バッテリー

f:id:tkan1111:20181030090936p:plain

バッテリー残量を確認できる。

裏技的要素:タップすると、省電力モードに移行するスイッチが現れる。

f:id:tkan1111:20181030091103p:plain

iPhoneを探す

f:id:tkan1111:20181030091854p:plain

接続しているiPhoneの音を鳴らして見つけることができる。Bluetooth接続できない距離にiPhoneがあると反応しない。

裏技的要素:アイコンを長押しすると、iPhone背面のLEDフラッシュが点滅する。暗い場所でもiPhoneを見つけることができる(iPhoneが表面になっていると気づかないかな)。あまり見慣れない状態なので一見の価値あり。

フラッシュライト

f:id:tkan1111:20181030092356p:plain

フラッシュライトを点灯し、簡易懐中電灯代わりになる。

裏技的要素:左右スワイプでフラッシュライトのタイプを変更できる。右スワイプだと点滅、もう一度右スワイプすると赤くなる。画面をタップすると明るさが増す。

f:id:tkan1111:20181030092840p:plain
f:id:tkan1111:20181030092830p:plain
f:id:tkan1111:20181030092848p:plain
左右スワイプで変更できる。タップすると明るくなる

AirPlay

f:id:tkan1111:20181030093023p:plain

AirPodsなどBluetoothデバイスと接続できる。

裏技的要素:AirPlayだけど、Apple TVとは接続できない。Apple Watchの画面を大画面で観たいシーンはないので、困らないけど。

f:id:tkan1111:20181030094546p:plain

消音モード

消音モードをオン・オフできる。

f:id:tkan1111:20181030093119p:plain

裏技的要素:設定からも消音モードに設定できる。Apple Watch充電中は消音モードにしていても、アラームなどは鳴る。

  • Apple Watchの「設定」→「サウンドと触覚」

f:id:tkan1111:20181030094436p:plain

シアターモード

f:id:tkan1111:20181030094623p:plain

シアターモードをオン・オフできる。映画鑑賞や観劇のときに画面が点灯しないようにするモード。シアターモードをオンにすると同時に消音モードになり、手首を上げても画面が点灯しなくなる。点灯したいときは画面をタップ。

裏技的要素:シアターモードをオンにしてDegital Crownを回すと、画面が徐々に明るくなる。

おやすみモード

f:id:tkan1111:20181030094927p:plain

おやすみモードをオン・オフできる。Apple Watchの「おやすみモード」は、電話や通知が来ても音が鳴らず画面も点灯しなくなる。設定したアラームは鳴動するので、目覚ましは動作する。

おやすみモードはただオンするだけではなく、「1時間オン」「今日の夜までオン」「ここを出発するまで」と期間を選べる。

f:id:tkan1111:20181030095652p:plain

裏技的要素:iPhoneのWatchからも設定できる。

  • iPhoneのアプリ「Watch」→「マイウォッチ」→「一般」→「おやすみモード」→「iPhoneを反映」をオン

f:id:tkan1111:20181030095520p:plain

イベント(スケジュールで予定が入っている状態)だと、「イベント終了までオン」が選べる。会議中とか、その行事の間だけ音を鳴らしたくない時は便利。

f:id:tkan1111:20181030104107p:plain

防水ロック

f:id:tkan1111:20181030100326p:plain

防水ロックをオンする。防水ロックすると水中で誤動作しなくなる。画面上部の「水滴マーク」が目印。

f:id:tkan1111:20181030102011p:plain

解除する時は、Degital Crownを回す。スピーカーから出る音を使って、Apple Watchに入った水を排出して、防水ロックが解除される。

f:id:tkan1111:20181030100716p:plain

消えた「ロック」

f:id:tkan1111:20181030101144p:plain

以前はコントロールセンターに「ロック」アイコンがあって、タップするとApple Watchをロックできたが、最新のwatchOSだと見当たらない。

「手首検出」をオフにすると「ロック」アイコンが表示される。

  • 「設定」→「パスコード」→「手首検出」をオフ

「手首検出」をオフにすると、Apple Watch 4の新機能「転倒検出」が使えないなどの警告が出るので、オフにしないほうが無難かと。

f:id:tkan1111:20181030101935p:plain

アイコンの配置 

f:id:tkan1111:20181030102133p:plain

画面下の「編集」をタップすると、アイコンの配置を変更できる。

意外と知らないことが多かった

この記事を書くのに調べてみると、意外と知らないことが多かった。iPhoneと違ってApple Watchはコントロールセンターを使わなくても、それほど問題ないということだろう。

iPhoneのコントロールセンターにある「ミュージック」「ストップウォッチ」「アラーム」「タイマー」「電卓」「カメラ」(iPhoneのカメラと連動)「Wallet」がApple Watchのコントロールセンターにあれば、もっと使う機会も増えると思う(電卓は純正アプリもないけど)。

ぜひ次のバージョンアップで検討してほしい。