ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

都市圏の規模から妥当なApple京都と次の出店場所

Apple京都登場

Appleは8月25日にApple京都をオープンすることを発表した。

f:id:tkan1111:20180814123445p:plain

京都 - Apple Store - Apple(日本)

場所は噂通りの「京都ZERO GATE」の1Fで、烏丸駅と四条駅に近い京都の一等地だ。発表されたApple京都のロゴは、まだ京都と未確定時のロゴよりも背景がシンプルになっている。以前は竹細工の和風模様に見えたが、新しいロゴは碁盤目状の町並みに見える。Apple公式のビデオも京都の町並みを強調した内容になっていて、キャッチコピーも「アイデアと創造力が交わるところ」と十字路を意識している。

f:id:tkan1111:20180814124612p:plain

以前のロゴ

日本4位の経済圏

京都を中心とする京都都市圏は経済規模は約10兆円と、東京都市圏、大阪都市圏、名古屋都市圏に続く日本第四の都市圏だ。人口280万人は、すでにAppleストアが存在する福岡都市圏、仙台都市圏よりも多い。都市圏の規模からみて、京都にAppleストアが出店するのは妥当な判断だ。外国人観光客が多いのも京都出店の理由の一つだろう。

経済圏から予測する次の出店場所

経済圏の規模から次のAppleストアの出店場所を考えると、6位の神戸都市圏、7位の札幌都市圏があがってくる。Apple札幌は二年前に移転を表明してから、音沙汰がない。神戸は大阪都市圏も近いが、大阪都市圏の規模からしてもう1店舗あってもおかしくない。以前は、大阪に2店舗目ができる噂もあったが、新しい情報が入ってこない。

  人口(万人) Appleストア 1店舗当たりの人口
東京 3530 4 882.5
大阪 1205 1 1205
名古屋 576 1 576
京都 280 1 280
福岡 257 1 257
神戸 248    
札幌 236 1 236
仙台 161 1 161
岡山 153    
広島 143    
Appleストアは休業・移転中含む

大阪+神戸都市圏の次に、1店舗あたりの人口が多いのは、9位の岡山都市圏ではなく、東京都市圏だ。休業中の渋谷を含めて4店舗あっても、東京都市圏の大きさは圧倒的だ。東京都市圏は横浜と川崎を含んでいるので、噂のラゾーナ川崎出店の信憑性が高くなる。