ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone Xのホームバーは上下左右に動かす

iPhone Xのホームバー

ホームボタンの代わりにiPhone Xではアプリの切り替えなどにホームバーを使う。物理的なホームボタンとは異なり、画面上のホームバーをスワイプすることで様々なアクションができる。

複雑そうだけど、覚えてしまえば簡単。一枚の画像にまとめたので参考にしてください。

f:id:tkan1111:20180604162948p:plain

上スワイプ:ホーム画面に戻る

今までの「ホームボタンを押す」のと同じ挙動。中央付近で指を止めると、起動している他のアプリに変更でき、さらにアプリ画面を長押しするとアプリを停止できる。

下スワイプ:簡易アクセス

画面上部が下部に移動する。片手で操作する時にiPhone Xの細長い画面でも上の画面にアクセスしやすくなる。ダイアログボックスを表示していても、文字入力の途中でも使えるので便利だ。筆者はSafariのアドレスバーに触る時や一番上にスクロースする時に活用する。

両手でiPhoneを操作する人は使わないのかな。

「簡易アクセス」機能を使うには設定が必要。

1.「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」を選択

f:id:tkan1111:20180604164726p:plain f:id:tkan1111:20180604164842p:plain

2. 「簡易アクセス」をオン

f:id:tkan1111:20180604165009p:plain

左右スワイプ:アプリスイッチャー

他のアプリに簡単に切り替えることができる。右スワイプは「直前に使用したアプリ」が並ぶ。最初の段階では左スワイプを使うことはできないが、一度左スワイプで前のアプリに移動した後だと最初のアプリに戻ることができる。

うまくいかない人は、画面の一番底を左右に振るようにするとうまくいく。

秋までの命かも

おそらく秋に登場するiOS 12ではインターフェイスが変わると思われる。特に「上スワイプ」でのアプリ変更画面→長押しでのアプリ停止は面倒だ。アンロック後の上スワイプも不要だ。

まあ、それ以外の動作は洗練されているので、このインターフェイスが継続するかもしれません。きちんとマスターしておきましょう。

www.kantakayama.com