ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Safariの長押し裏技7つ【iPhoneの小ネタまとめ】

Safariの便利機能

f:id:tkan1111:20180819125211p:plain

iPhoneのSafariは、アイコンを長押しすると様々な機能ができます。裏技っぽいのもあるので、まとめておきますね。iOS 11.4.1で検証。

f:id:tkan1111:20180819112104p:plain

1.アドレスバー

f:id:tkan1111:20180819112313j:plain

長押しメニューは2種類。「ペースとして検索」は必須機能

  • コピー・・・表示しているアドレスをクリップボードにコピー。普通ですね
  • ペーストして検索・・・コピーした単語やアドレスをペーストしてすぐに検索してくれる便利な機能。この方法を知らないで同じ動作するには、アドレスバーちょっと押し→アドレスをちょっと押し→ペーストを選択→「開く」をタップと七面倒臭い。ぜひ覚えましょう。

2.更新ボタン

f:id:tkan1111:20180819112848p:plain

更新ボタンを長押しすると、画面下部にメニューが登場。Webサービスなどで「デスクトップ用サイトを表示」は結構使います。

f:id:tkan1111:20180819112926j:plain

  • デスクトップ用サイトを表示・・・多くのサイトはスマートフォン用の表示書式をもっていて、小さい画面でも見やすく工夫されています。ただスマートフォン用の表示だと情報量が少ないので、デスクトップ用サイトを参照したいときは、このメニューを選択。デスクトップ用画面にしても、一度閉じて開くとスマホ用表示に戻ります。
    f:id:tkan1111:20180819113653j:plain
    f:id:tkan1111:20180819113505j:plain
    左側がスマホ用、右側がデスクトップ用画面。情報量が異なる。
  • コンテンツブロッカーなしで再読み込み・・・やたら長いメニュー名ですね。iOS から登場した「コンテンツブロッカー」機能。サイト中の不要なコンテンツを消してくれる。自分のサイトがどのように表示されるか”素のサイト”を見たい時などに使うのでしょうが、筆者は使ったことがないです。ちなみにコンテンツブロッカーを永遠に止めたい時は、「設定」→「Safari」→「コンテンツブロッカー」

3.リンク

f:id:tkan1111:20180819123549p:plain

画面のリンクを普通にタップすると、そのリンクに飛びますが、長く押すと画面下部にメニューが現れます。
f:id:tkan1111:20180819114207j:plain

  • 開く・・・普通にリンクを開きます。短く押した時と同じ挙動
  • 新規タブで開く・・・通常の「開く」だと今表示している画面から遷移しますが、このメニューを選ぶと新たなタブを開いて画面を表示するので、今表示している画面はそのまま残ります。このメニューの中では一番使いますね。
  • リーディングリストに追加・・・好きな人はヘビーに使うリーディングリスト機能。このメニューを選択すると、画面を開かずにリーディングリストにだけリンクを追加できます。ページを読んでいる時に見つけた気になるリンクをリーディングリストに追加しておけば、後から読みことができる。同じiCloudアカウントのデバイスであればリーディングリストは自動的に共有されるので、iPhoneでみつけたページをMacのSafariで見ることが出来ます。

    f:id:tkan1111:20180819115045p:plain

    リーディングリストはブックマークを開いて「メガネ」のアイコンをタップ
  • コピー・・・リンクのアドレスをクリップボードにコピー
  • 共有・・・リンクのアドレスを他のアプリやAirDropで共有する機能。画面下部のメニュー中央のアイコンと似た機能ですが、共有するアドレスがリンク先のアドレスの点が異なります。

    f:id:tkan1111:20180819115424p:plain

4.戻るボタン

f:id:tkan1111:20180819123740p:plain

普通にタップすると、一つ前の画面に戻りますが、長押しすると履歴画面に変わり、以前表示したページを選ぶことが出来ます。選べるのは「このタブで開いたことがあるページ」だけです。すべての履歴が参照できる「ブックマーク」の「履歴」とは異なります。

f:id:tkan1111:20180819115507j:plain

5.進むボタン

f:id:tkan1111:20180819123809j:plain

同じく履歴のページに飛びますが、こちらは今表示しているページより先の履歴だけ。使ったことがないですねえ。

f:id:tkan1111:20180819123048j:plain

6.ブックマーク

f:id:tkan1111:20180819123841p:plain

 

ブックマークボタンを長押しすると、今表示しているページをブックマーク・リーディングリストに追加できます。

f:id:tkan1111:20180819120040j:plain

  • 追加・・・表示しているページをブックマークに追加
  • リーディングリストに追加・・・表示しているページをリーディングリストに追加

7.タブボタン

f:id:tkan1111:20180819123918p:plain

右下のタブボタンを長押しすると、タブを操作できます。おすすめは「すべてのタブを閉じる」

f:id:tkan1111:20180819120448j:plain

  • すべてのタブを閉じる・・・いつのまにかたくさん開いてしまうタブを一度に閉じる技。よく使いますねえ。タブボタンを短く押して進めるタブ選択画面でも「完了」を長押しすると、すべてのタブを閉じることが出来ます。
    f:id:tkan1111:20180701194753p:plain

  • このタブを閉じる・・・表示しているタブだけを閉じます。

  • 新規プライベートタブ・・・履歴に残らないプライベートモードで新規タブを開きます。 ブックマーク画面が最初に表示されます。

  • 新規タブ・・・通常モードの新規タブを開きます。

強押しも便利

3D Touch機能をもつiPhoneだと、長押しの他に「強押し」ができる。Safariで強押しが使えるのは、リンクだけですかね。リンクを強押しすると次の画面をプレビューできますが、そこから上にスワイプすると、いくつかのメニューを選択できます。

f:id:tkan1111:20180819124145p:plain
f:id:tkan1111:20180819121745j:plain
3D Touchでリンクを強押しして、上にスワイプすると…

気に入った機能を自分をものに

豊富な長押し機能を全部覚えるのは大変なので、気に入った機能だけを自分のものにしよう。筆者は、

  • アドレスバー長押し→ペーストして検索
  • タブボタン長押し→すべてのタブを閉じる

をよく使います。

www.kantakayama.com