ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone同士ならLINEより便利!「メッセージ」を使うメリットと使い方

LINEより便利な「メッセージ」

iOS標準のメッセージアプリ「メッセージ」。日本だとLINEがデファクトスタンダードなので「メッセージ」を使っている人が少ないけど、iPhoneのシェアは約7割。日本人の70%とiMessageをやり取りできる環境にある。

iMessageを使うメリットと使い方を紹介します。

f:id:tkan1111:20181202120953p:plain

「メッセージ」を使うメリット

無料

iOSデバイス同士ならパケット料金以外、一切料金が掛からない。LINEもそうですけどね。

設定が不要

電話番号さえ「連絡先」に登録しておけば、iOSデバイスなら他の設定は不要。宛先に選択した電話番号やアドレスが「青色」になれば、iMessageでメッセージをやり取りできる。

余計な機能がない

LINEはプラットフォーム化しているので、メッセージの送受信以外にもFacebook的なタイムライン、ニュースなどの機能もあり、LINE PayのようなLINE社がおしている新規事業のトークが飛んできたりする。

「メッセージ」は、様々なタイプのメッセージを送受信する機能に特化している。

3D Touchで宛先選択

3D Touch対応iPhoneなら「メッセージ」のアイコンを強く押すと、最近メッセージを送信した人を宛先に選べる。3D Touchして、指を上にずらして宛先を選べばよいので、LINEよりも素早くメッセージが送れる。

f:id:tkan1111:20181202103523p:plain
f:id:tkan1111:20181202103632p:plain
左がiMessage、右はLINE。LINEは宛先を選べない

MacやiPadでも送受信が可能

MacやiPadでもメッセージを送受信できる。Macでメッセージを受信して、キーボードを使って返信できる。

ただ、MacだとiOSみたいなグラフィカルなメッセージは送れない。

f:id:tkan1111:20181202104456p:plain

Macからはシンプルなメッセージだけ送れる

クラウドで同期できる

「iMessage in iCloud」をつかって、複数デバイスとクラウドで同期が取れる。iPadでで既読にしたら、iPhoneにも反映される。

Apple Watchで送受信

Apple Watchでメッセージを受信すると、テンプレートを使ってすぐに返信できる(Apple Watch版LINEにも同じような機能あり)。

f:id:tkan1111:20181202115900p:plain

豊富なステッカー

LINEはスタンプ機能が有名だが、「メッセージ」にはステッカーがある。

使用方法

  1. 「メッセージ」を起動→ 過去のメッセージか「新規メッセージ作成をタップ」

    f:id:tkan1111:20181202105214p:plain

  2. 「アプリ」アイコンをタップ

    f:id:tkan1111:20181202105100p:plain

  3.  好きなアイコンをタップ
    f:id:tkan1111:20181202105237p:plain

ステッカーストア

無料・有料の新しいステッカーを入手できる。

f:id:tkan1111:20181202105414p:plain

f:id:tkan1111:20181202105432p:plain

アニ文字

iPhone X以降のデバイスで使えるアニメーション文字。表情に合わせた動画を送信できる。

f:id:tkan1111:20181202105546p:plain

f:id:tkan1111:20181202105607p:plain

Degital Touch

指でなぞって描いたイラストを送信できる。画像ではなく動画なので、描いている過程も受信者がみることができる。ちなみにApple Watchにも同様の機能がある。

f:id:tkan1111:20181202105758p:plain

f:id:tkan1111:20181202105909p:plain
f:id:tkan1111:20181202110212p:plain
左がiPhone、右がApple Watch
#メッセージ

GIF動画を送信できる。検索すれば、「ハッピーバースデー」などの動画を見つけられる。

f:id:tkan1111:20181202110327p:plain

f:id:tkan1111:20181202110538p:plain

その他

様々なアプリが対応。「乗換案内」などは検索した経路を送信できる。

f:id:tkan1111:20181202110740p:plain

豊富なエフェクト

効果的なメッセージを作成できる。

  1. メッセージを入力したら、矢印を長押しまたは強く押す(3D Touch)
    f:id:tkan1111:20181202111325p:plain
吹き出し
f:id:tkan1111:20181202111633p:plain
f:id:tkan1111:20181202111647p:plain
f:id:tkan1111:20181202111654p:plain
f:id:tkan1111:20181202111725p:plain
スクリーン
f:id:tkan1111:20181202111817p:plain
f:id:tkan1111:20181202111815p:plain
f:id:tkan1111:20181202111819p:plain
f:id:tkan1111:20181202111821p:plain
f:id:tkan1111:20181202111825p:plain

Tapback

メッセージに吹き出しをつけて、感情を表現できる。

  1. 送信・受信済みのメッセージを長押し
f:id:tkan1111:20181202112248p:plain
f:id:tkan1111:20181202112250p:plain
f:id:tkan1111:20181202112252p:plain

カメラにエフェクト

カメラの映像を加工して送信できる。

  1. 「カメラ」アイコンをタップ

    f:id:tkan1111:20181202113430p:plain

  2. 左側の「エフェクト」アイコンをタップ
    f:id:tkan1111:20181202114812p:plain

アニ文字
f:id:tkan1111:20181202114915p:plain
f:id:tkan1111:20181202114917p:plain
f:id:tkan1111:20181202114919p:plain
f:id:tkan1111:20181202114921p:plain
エフェクトをかけたり、手書き文字の追加も可能

手書き文字

メッセージ作成画面でiPhoneを横向きにして、下のピンク部分をタップすると手書き文字を作成できる。

f:id:tkan1111:20181202115432p:plain
f:id:tkan1111:20181202115512p:plain

 iPhone同士なら使ってみよう

LINEもいいけど、複数デバイスで同期をとれる「メッセージ」の利点も多い。家族など親しい人だけメッセージアプリを併用するのも良いかと思います。