ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Face ID搭載で新型iPadに思わぬ課題

次期iPadに思わぬ課題

f:id:tkan1111:20180730183525p:plain

次期iPad Proは、Face ID搭載のスリムデザインになるとAppleの情報で定評のあるMacお宝鑑定団Blogが報じている。

  • Face IDの狭額縁仕様
  • コンパクトサイズ
  • 背面にダイヤモンドカット
  • ヘッドホンジャックの廃止
  • Smart Connectorが下部に移動

www.macotakara.jp

Touch IDなどiPhoneの最新技術をiPadに導入するのは過去の手法と同じなので信憑性は高いと思う。

今回の情報で驚くのは、Smart Connectorの位置が、Lightningコネクタの位置に近い本体下部に移動するというものだ。Face IDが縦向きでしか顔面を認識しないためだ。

今、iPhone Xで試したら、確かに認識しない。ちなみにiPhoneを上下逆さにしてもFace IDは動作しない。Face IDはTrue Depthカメラシステムを用いて顔認証を行うが、ユーザーが画面を見ているかどうか視線も検知しているので、iPhoneの向きを変えられると上手に顔認識できないのだろう。

一方向しか認識しないとなると最も使う頻度が高い縦向きにせざるを得ない。そうなると、従来どおり長辺のSmart Connectorとキーボードを接続していると、アンロックする際にキーボードから外して縦向きにしないといけない。これはちょっと考えてもスマートではない。

Smart Conenctorの位置は本当に変わる?

f:id:tkan1111:20180730184431p:plain

だから、今回の噂ではSmart Connectorの位置が本体下部に移るとしている。

本当にそうなるだろうか? Smart Connectorは、キーボードと接続するためのコネクターである。横に長いキーボードと形を合わせるためには横向きにiPadを繋げる必要がある。キーボードと装着してクラムシェル型のノートPCのように使えるキーボードも多く登場しているし、Apple純正Smart Keyboardも閉じればそのままカバーになる。縦向きで接続したら、こうはいかない。

クックCEOがiPadはコンピュータであると公言しているように、今までのパソコンのように表計算、文書作成にiPadは使われている。PCのモニタはほぼすべて横長だ。

今までiPadは2画面でのマルチタスク機能など横向きでの使用を前提にパソコンに近い機能を追加してきた。

今更、縦置きキーボードを推奨するとは考えづらい。

次世代Face IDは横向きで認識可能?

WWDC前にiOS 12では横向きでも顔認証できるようになる噂があった。WWDCでは一切触れなかったが、9月に発表すると思われる次期iPhoneでは次世代Face IDが搭載されるのではないだろうか。

横無認識が可能になれば、Smart Connectorが従来どおり長辺側にあっても不都合はない。筆者はSmart Connectorの移動はないと予想する。

www.kantakayama.com