ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新iPadの角が丸いディスプレイからわかる卓越したAppleデザイン

iPad Proも角が丸い

次期iPad Proは角が丸いディスプレイになる情報が出ている。iOS 12 beta 5にベゼルが狭くホームボタンがないアイコンが見つかり、今度は発見された。

 

 

 


引用:9to5Mac

Face ID搭載は既定路線

iPadがFace IDを搭載するのは、すでに既定路線になりつつある。iPhoneの最新技術をiPadに転用するのは、Touch IDなど多くの事例がある。

画期的な角が丸いディスプレイ

iPhone Xですでに実現しているので今更だが、角が丸いディスプレイは画期的だ。長い間、僕らはずっと角張ったディスプレイを見てきた。テレビの時代から、画面は長方形というのが僕らの常識だった。

そこにiPhone Xは角が丸いディスプレイを搭載した。iPhone Xが登場した時はホームボタンをなくし、ベゼルが細くなったフルディスプレイであることに気を取られ、角が丸くなったことにあまり気がいかなかった。角が丸いiPhoneのボディすべてをディスプレイにするためには、ディスプレイの角を丸くするのは自然なことだ。自然すぎて視線が角に届かなかった。

自然に見せるAppleデザイン

実際にiPhone Xを使っていても、ディスプレイの角が丸いことに気づくことはない。新しいiPad Proの話を聞いて、改めて確認するとiPhone Xのディスプレイは確かに丸い。上部中央のベゼルは気になるが、左右の丸くなっている部分は視界に入らないので、まったく気にならない。

ディスプレイの曲線とボディの曲線が一致しているのが自然に感じる理由だ。Appleデザインの曲線は同じRを描いている事が多い。iPhone Xの角をMacBook Proの角に合わせるとぴったり一致する。

緻密に製品をデザインすることで、角が丸いディスプレイを不自然に見せないのがAppleデザインの優れている点だ。装飾するのではなく、あくまでもシンプルで自然なのがAppleのデザイン。

今回の新しいiPad Proのデザインを見て、そんなことを思った。

www.kantakayama.com