ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

来年のiPhoneには3D Touchがない? 代替策は?

3D Touchを廃止?

f:id:tkan1111:20180902185636j:plain

来年のApple Watchでは3D Touch機能がないという噂がサプライヤーから出ている。3D Touchは、2015年のiPhone 6sに導入した機能で、画面を強く押すことでOSやアプリの機能を呼び出すことができ、iPhoneではメニューのショートカットが割り当てられている事が多い。強く押した感触を指先に伝えるために、Taptic EngineをiPhone本体に内蔵する。

便利な機能ではあるけど、使っている人はそんなに多くないような。筆者はめちゃくちゃ使いますけどね。メッセージやツイートを一回の動作で新規作成できるのが便利。

3D Touchの便利な使い方は、こちら

www.kantakayama.com

廃止する理由

iPhone XのTaptic Engineの交換

引用:iFixit

今ある機能を廃止する理由があるのだろうか? 3D Touchに用いるTaptic EngineはiPhone 8などではホームボタンの触覚フィードバックに使われているが、ホームボタンを廃止したiPhone Xでは3D Touchにしか使われていない。あまり使われていない3D Touchのために、Taptic Engineは貴重なiPhoneの本体スペースを占有しているわけだ。

3D Touch機能を廃止すれば、Taptic Engineを本体から取り除いて軽量化できる。

代替案は?

メニューをショートカットできる3D Touchは多くのアプリにも採用されていて、今さら廃止するなら代替案が必要だ。最も簡単な代替案は、「強く押す」を「長く押す」に変えることだ。「長く押す」のは「強く押す」よりも時間は掛かるが、なんとかなりそう。

現行のiOSではアイコンの長押しには「アプリの削除」が割り当てられているので変更が必要だ。

トレンドにならなかった3D Touch

ノッチデザインなどiPhoneに投入された先進の機能・デザインが、他社のスマートフォンに模倣されるケースは多いが、3D Touch機能を追随する企業はなかった。OSの対応が必要なので、ハードとOSを一体で開発できるApple以外では難しいかもしれないが、3D Touchの訴求効果がそれほどなかったということでもある。

こうしてみると、ホームボタンを廃止した時点で、3D Touchの運命も決まっていたかもしれない。

www.kantakayama.com