ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone 9ではなくiPhone XR、iPhone XS PlusではなくiPhone XS Maxだった理由。Appleの新命名規則

過去の命名規則が覆される

イベントが終わっても謎が残ったのがiPhoneの名称だ。過去の命名規則通りなら、

  • 5.8インチOLEDモデル・・・iPhone XS
  • 6.5インチOLEDモデル・・・iPhone XS Plus
  • 6.1インチ液晶モデル・・・  iPhone 9

 となるはずだった。

ところが、実際は、

  • 5.8インチOLEDモデル・・・iPhone XS (あたり!)
  • 6.5インチOLEDモデル・・・iPhone XS Max (えっ?)
  • 6.1インチ液晶モデル・・・  iPhone XR (まじっ!)

 だった。

Appleも適当に名前をつけているわけではなく、意外だった名称から新しい命名規則が見えてくる。

iPhone XSは過去の命名規則どおり

f:id:tkan1111:20180913192345p:plain

過去の命名規則では、本体デザインが変わらず機能だけを強化した場合、ナンバリングにSがついた名称になる。今回は本体のデザインはiPhone Xと全く変わらないので、iPhone XにSがついてiPhone XS。過去の命名規則通りである。

過去のSモデル

  • iPhone 4s (2011)
  • iPhone 5s (2013)
  • iPhone 6s (2015)

iPhone XS Plusではない理由

f:id:tkan1111:20180913192530p:plain

ディスプレイサイズが大きいiPhoneは通常のiPhone名にPlusがついた名称だった。まさかMaxみたいなマッチョな名前をAppleがつけるわけがないと思っていたが、冷静に考えると妥当性がある名称だった。

実は、Plusの意味はディスプレイサイズが大きいではなく、通常モデルよりも性能が”プラス”されている意味がある。

過去のPlusモデル

  • iPhone 6s Plus (2015)・・・光学式手ぶれ補正
  • iPhone 7 Plus (2016)・・・12MP広角カメラと12MP望遠カメラ
  • iPhone 8 Plus (2017)・・・ポートレートライティング(ベータ版)

ところが、今回のiPhone XS MaxはiPhone Xと全く同じ性能だ。今まで差別化されていたカメラ機能も変わらず、プラスする性能がひとつもない。だからPlusとつけるわけにはいかず、iPhone XのディスプレイサイズがMaximumなバージョンなので、iPhone XS Maxとなったのだ。

  • Plusは機能を付与する意味。今回は追加機能がないのでPlusはつけられない
  • iPhone XSのディスプレイが最大サイズなので、Maxがつく

iPhone XRである理由

f:id:tkan1111:20180913201601p:plain

iPhone 8から本体デザインが変わっているので、過去の命名規則ならiPhone 9とするところが、iPhone XR。iPhone 9をとおりこしてiPhone Xとなるのも異例だし、Rのは今までiPhoneに使われなかったアルファベットだ。

iPhone Xの”X”は、Appleにとって特別なアルファベットだ。2001年から2015年の15年間、MacのOSの名称はOS Xだった。元々XはVer. 10の意味だったが、10の意味ではなく固有名詞として扱われるようになった。

2017年、iPhone発売十周年モデルとして登場したiPhone X。本来であれば、2016年のiPhone 7から本体デザインが変わったのでiPhone 8になるところが、8と9をスキップしてiPhone X。10ではなくXと記載したのは、言うまでもなくOS Xを意識している。

過去のiPhoneのアイデンティティと言うべきホームボタンを廃止したiPhone Xは十代目のiPhoneではなく、”iPhone X”という名前なのだ。過去のOS Xと同様に。

では、Rは何の意味があるのだろうか。Appleは何の説明もしていない。過去のiPhone 5cのCはColorのCだと推定された。

今回のiPhone XRもカラーバリエーションモデルが用意されているので、iPhone XCでも良かったと思うが、iPhone 5cはヒットしなかったので、あまり使いたくなかったのだろう。

iPhone XRはミッドレンジの価格帯なので、Reasonableとも考えられるが、ちょっと直接的すぎる。今回のカラバリは6色、Appleのレインボーロゴも6色。RainbowのRが一番妥当に思える。

  • ”iPhone X”でひとつの固有名詞
  • Rは、Rainbowの意味?

まとめ

”iPhone X”が固有名詞となり、今後はiPhone X +?の名称になると思う。人気が出れば、来年もiPhone XRも継続するだろうし、次期モデルに付加価値がなければ、Maxがつくだろう。付加価値があったらPlusが復活するかもしれない。

www.kantakayama.com