ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone 8 Plusユーザーは新iPhone XS Maxを買うべきか比較する

iPhone XS Max登場

一度iPhone Plusを買った人はPlusを書い続けることが多い。あの大画面に慣れると、通常のiPhoneが小さくみえるそうだ。

今年はPlusはないが、Maxはある(なぜMaxかは、こちら)。

iPhone 8 PlusユーザーがiPhone XS Maxに買い換えるべきかどうか比較してみた。

iPhone XからiPhone XSへの買い替えは、こちら。iPhone 8からiPhone XRの買い替えは、こちら

iPhone 8 Plus Vs. iPhone XS Max

簡単に言えば、iPhone XS MaxはiPhone XSの大画面版だ。今回Plusの名称ではないのは、XSより付加価値がないからで、Plusシリーズと異なりiPhone XSとMaxの性能は全く一緒。iPhone XSかiPhone XS Maxのどちらを選ぶかは、大画面を望むかどうかで決まる。

外観 

f:id:tkan1111:20180914101623p:plain

左がiPhone 8 Plus。右がiPhone XS Max

外観は大きく変わった。ホームボタンがなくなり、フルディスプレイモデルに変わった。フロントカメラなど多くのセンサーがあるノッチはiPhone XSと同じサイズなので、相対的に小さく見える。眼に入るのは、本当に画面だけという感じ。

より強靭なガラスに変更になっているというが、実際の強度は未知数。

 iPhone 8 Plusのフレームはアルミニウム製だったが、iPhone XS Maxはステンレススチールに変更になっている。

背面は、両モデルともガラス素材。ワイヤレス充電に対応するためだ。ツインカメラが横向きから縦向きに変更になった。

サイズ

f:id:tkan1111:20180914104524p:plain

サイズは、ほとんど変わらない。iPhone XS Maxの方が、約1mm小さく、0.2mm薄い。重量は6g重いが、誤差の範囲。

実際に触った人の感想では、iPhone XS Maxは軽く感じるそうだ。ディスプレイサイズが非常に大きいので、触れる前に脳が重いものだと予見するからのようだ。

Plusのサイズに慣れているユーザーなら、違和感ないサイズだろう。

カラー

f:id:tkan1111:20180914105404p:plain

同じ3種類のカラーだが、ゴールドの色味が異なる。より深い金色になっていて、フレームもゴールド。値段も上がり、より高級感がある仕様に変わっている。

ディスプレイ

f:id:tkan1111:20180913110219p:plain

f:id:tkan1111:20180914105741p:plain

もっとも変わったのがディスプレイ。サイズが5.5インチから6.5インチに拡大。もはやスマートフォンというよりタブレットの領域だ。7.1インチのiPad miniにかなり接近したサイズ感だ。iPhoneのディスプレイサイズがここまで大きくなると、iPad miniは廃止になるかな?

買い換える一番大きな判断基準は、この大型ディスプレイを求めるかどうかだ。画素数も増えているので、より緻密な画面になっている。

OLEDは、液晶と比べて画面が貼り付いているように見え、黒がはっきりしている。比べると違いはすぐにわかるレベルだ。

f:id:tkan1111:20180914105656p:plain

ドルビービジョン、HDR10に対応し、写真や動画の見栄えが違う。ただ、この差はOLEDと液晶を比較して初めてわかるレベルで、iPhone 8 Plusの液晶も十分美しい。

Face ID

f:id:tkan1111:20180913110330p:plain

Touch IDからFace IDに変わった。Face IDはiPhone Xよりも高速化している。

Face IDの利点は指が濡れていても使えることだ。一方で、視線を画面に向けないといけない、ホームバーの上スワイプが必要、寝起きの顔で認識しない場合がある、マスクは不可など、Face IDが不利な点も多くある。

Touch IDよりFace IDが便利というよりは、フルディスプレイのためにFace IDを採用しなければならなかった意味合いのが強い。

iPhone XS Maxに買い換えると最初に戸惑うのがFace IDだと思う。将来的にはディスプレイ上での指紋認証に戻るかもしれないが、AppleはFace ID実現に莫大な開発費用を掛けているので、そう簡単には廃止できない。

今後もiPhoneを使い続けるなら、Face IDに慣れないといけないかもしれない。

基本性能

f:id:tkan1111:20180913111417p:plain

iPhone XS Maxは次世代チップ「A12 Bionic」を内蔵している。最大15%高速、グラフィック性能は最大50%アップになったらしいが、体感できるかはわからない。

A12 Bionicは省電力にもなっていて、OLED採用の影響もあり、iPhone 8 Plusより最大1.5時間のバッテリー駆動時間が長い。最大通話時間、ビデオ再生も伸びている。Plusユーザーはバッテリーで苦労したことはあまりないだろうが。

f:id:tkan1111:20180914112553p:plain

 カメラ

f:id:tkan1111:20180913112331p:plain

カメラも進化している。望遠・広角レンズとも光学式手ぶれ補正になり、ボケ効果が進化し、撮影後にF値(絞り)を調整できる深度コントロール機能がついた。

iPhone XとiPhone 8 Plusの比較では、カメラの画質はあまり変化がなかったが、今年のモデルはニューラルエンジンの効果で、大きく進化しているようだ。

深度コントロールは特に面白い機能だ。さくっときれいな写真が撮れるiPhoneの特性を維持しながら、あとから写真を加工する愉しみが加わった。

f:id:tkan1111:20180914112854p:plain

ビデオ撮影

f:id:tkan1111:20180913115106p:plain

拡張ダイナミックレンジの採用で暗い場所での動画撮影ができるようになった。4つのマイクでステレオ録音ができるようになった。大型ボディのiPhone XS Maxの方がiPhone XSより効果を実感しやすいかも。

f:id:tkan1111:20180914113342p:plain

防水性能

iPhone XS Maxは水中での使用が可能なIP68基準の防水性能をもつ(iPhone 8 PlusはIP67基準。1mの水深で30分浸けられる)。とは言っても、水中でiPhoneを使う機会は、そうないだろう。

f:id:tkan1111:20180914113703p:plain

デュアルSIM

f:id:tkan1111:20180914114112p:plain噂にあったとおりデュアルSIMに対応してきた。DSDS(Dual SIM Dual Stand-by)に対応しているので、両方のSIMの電話番号で着信することができる。

ただし、中国以外の国では二枚目のSIMはeSIMのみなので、キャリアが対応してくれないと使用できない。日本国内のキャリアは対応しないのでは?(ソフトバンクは対応するかもしれない)

 

予備電力機能付きエクスプレスカード

f:id:tkan1111:20180913130038p:plain

iPhone XS Maxには「予備電力機能付きエクスプレスカード」の表記がある。字面からは、iPhoneのバッテリーがなくなっても、エクスプレスカードは使えるように解釈できる。今回の新モデルすべてに同じ記載があり、iPhone 8 Plusはただの「エクスプレスカード」としか記載がないので、明らかに異なる機能が付与されたと思われる。

同梱物

f:id:tkan1111:20180913123200p:plain

今まで同梱していたLightning-イヤホンアダプタがなくなった

確定事項のように言われていた充電アダプタのUSB-C仕様への変更はなく、従来どおりUSB-A仕様。

価格

iPhone XS Maxは64GBで124,800円。iPhone 8 Plusは89,800円だった。今までPlusモデルを買い替えてきた人には、大きな値上げだ。iPhone XS MaxはiPhone史上最高額。スマートフォンというより、PCの価格帯だ。Macbookすら買えてしまう。

6.5インチのOLEDディスプレイ搭載なので、この価格も仕方がないが、普段落ち歩くスマートフォンがこれだけ高額だと不安にもなる。Apple Care+は、22,800円で、iPhone XSと同額。

まとめ

iPhone 8 PlusからiPhone XS Plusに買い換える判断基準は、まずディスプレイだ。6.5インチの大画面OLEDディスプレイはPlusユーザーには魅力的だ。動画を頻繁に見る人には最適なモデルだ。

もうひとつはカメラ機能。実際の画像を比較しないとわからないが、iPhone Xのカメラからも進化しているので、iPhone 8 Plusからだと2世代進化することになる。

今年がSモデルだったので、今までの定跡では来年iPhone XSがフルモデルチェンジが登場する。iPhone XSのデザインが変わるなら、iPhone XS Maxも同時に新しくなるだろう。

ただ、iPhone 6からiPhone 7まで3年間ほとんどデザインが変わらなかった例もあるし、フルディスプレイの今のiPhoneは、シンプルを是とするAppleの理想の姿に近いと思うので、そう簡単にはデザインを変更しないと思える。

変更するときは、ノッチがなくなり、Face IDからディスプレイでの指紋認証に移行するときだろう。

今年のイベントでもFace IDのメリットを強調していたし、iPad Proなど他モデルへの展開も予定されているので、Face IDをすぐには廃止しないと思う。

来年もそこまで変化がないなら、iPhone 8 Plusユーザーは今年買い換えてもよさそうだ。おそらく、この一年でホームボタンが急速に陳腐化すると思われるので……。