ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型iPhone XS・iPhone 9のスペック・価格・新機能を予測

<追記:2018/09/13>

新型iPhoneが発表されました。iPhone XとiPhone XSの比較はこちら

新iPhoneの命名規則はこちら

 

新型iPhoneのモデル数は?

新型iPhoneは3モデル。iPhone X後継、iPhone XのPlus版、iPhone 8後継の液晶モデルだ。流出画像や、すでにケースメーカーが出展しているモックからもほぼ確定だろう。

  • 5.8インチOLEDモデル
  • 6.5インチOLEDモデル
  • 6.1インチ液晶モデル

名称は?

名称については流出ハード画像ではわからないので確定が難しい。

過去のiPhoneの命名規則にもとづき、ボディ形状(液晶サイズ)が変わらず中身だけのブラッシュアップ版は”S”付きになるので、5.8インチのiPhone X後継は「iPhone XS」だ。

問題はPlus版だが、順当なら「iPhone XS Plus」になるはずだが、iPad Proのように名称は「iPhone XS」と共通で、液晶モデルで区分すると予測する。

今日になって「iPhone XS Max」になると報道がでているが、ないでしょう。Appleが「Max」という命名をしたことはないのでは? どちらかというとGoogleの名称に見える。「Google home Max」とか。

液晶モデルは、iPhone 8後継でボディ形状が変わるので、命名規則通りなら、iPhone 9になる。廉価版モデルとしてiPhone SE2になるとも考えたが、Face IDも搭載するこの液晶モデルをそこまで値下げしないだろう。

インドなど新興国向けのiPhone SE2は別モデルとしてあり、3モデルの売上動向によって発売が決まると思われる。

  • 5.8インチOLEDモデル・・・iPhone XS (5.8インチ)
  • 6.5インチOLEDモデル・・・iPhone XS (6.5インチ)
  • 6.1インチ液晶モデル・・・  iPhone 9

ボディ形状は?

iPhone Xのようなノッチ付きフルディスプレイになり、全モデルからホームボタンは廃止になる。ケースメーカーの情報では、iPhone XとiPhone XSは全く同じ寸法だそうだ。これも今までの”S”モデルと同様。6.5インチモデルのサイズは、iPhone 8 PlusとiPhone 8のサイズが参考になる。両モデルのサイズは1.15:1。6.5インチはiPhoneの15%大きいサイズと予想。

iPhone 9は、150.9mm76.5×8.3mmとと言われている。iPhone Xより少しずんぐりとした形状だ。

形状:ノッチ付きフルディスプレイ

 

新機能は?

WWDCの発表では隠されるハードウェアの新機能。iPhone XSは前モデルと形状が変わらないので、新機能がなければ買い替える人は少ないだろうから、何かしらの隠し玉があるはず。

iPhone XSはiPhone Xとカメラの形状が変わらないので、著しいカメラ性能の向上はないに違いない。

過去のiPhone”S”モデル3機種の新機能

  • iPhone 4S Siri
  • iPhone 5s Touch ID
  • iPhone 6s 3D Touch

いずれも外部からわかりづらい機能ばかりだ。ここではApple Pencil対応を予測する。6.5インチモデルだけではなく、5.8インチにも対応させて、新機種の目玉にすると思う。小さいサイズで有効なのか、ペンの収納はどうするという課題はあるけど、小型のApple Pencilも発表するのでは。

新機能:Apple Pencil対応

発売日は?

 発表した翌週の金曜日がこれまでの法則。法則通りでしょう。

発売日:9月21日金曜日

性能は?

新しいコアプロッセー「A12」を搭載するだろう。前モデルA11は6コアで、A12も同じ6コア、L1キャッシュが32Kから128Kに増加。iPhone Xでは3GBだったメインメモリも4GBに増える見込み。これにより、ベンチマーク結果で10%向上すると言われている。

Appleがイベントでどういう数字を出すかわからないが、既存モデルよりは高速化するだろう。ユーザーが体感できるかどうか別にして。

性能:新プロセッサA12 搭載。メインメモリは4GBに(iPhone XS)

色は?

f:id:tkan1111:20180906113804p:plain

iPhone Xはシルバーとスペースグレイ、iPhone 8シリーズは、シルバとスペースグレイに加えて、ゴールド、あとからPRODUCTレッドモデルが加わった。

流出画像からiPhone XSにもゴールドモデルあるのが確認されている。液晶モデルは、以前のiPhone 5cのようなカラーバリエーションモデルがあると言われている。

廉価版という位置づけなら、ファッション感覚で選んでもらうのもありだが、以前噂があった7色や8色はやりすぎだ。サプライマネジメントが大変になる。

iPhone 5cと同じで5色展開では? ゴールド・シルバー・スペースグレイに合わせて、ブルーとオレンジではどうでしょう。寒色系でブルー、暖色系でオレンジ。オレンジは、最近iPhoneが推している色で、iPhoneのケースにある色だ。

f:id:tkan1111:20180906120558p:plain

ちなみにiPhone 5cの一番人気はホワイトだったが、シルバーの背面はホワイトっぽいので却下。

  • iPhone XS シルバー・ゴールド・スペースグレイ
  • iPhone 9 シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ブルー・オレンジ

価格は?

iPhone Xの価格が10万円超えと話題になったが、iPhone Xは初のOLED搭載の十周年記念モデル。今年は多少安くなると予測する。

現行モデルの価格

  • iPhone X 112,800円
  • iPhone 8 78,800円
  • iPhone 8 Plus 89,800円

Appleの情報サイトであるMacekpofによると、iPhone XS (5.8インチ)が909ユーロ(iPhone Xは1149ユーロ)、iPhone XS(6.5インチ)が1149ユーロ(iPhone 8 Plusは909ユーロ)、iPhone 9は799ユーロ(iPhone 8は799ユーロ)だそうだ。

iPhone XとiPhone XSで比較すると、約20%の値下げなので、日本円だとiPhone XS(5.8インチ)の値段は90,240円。端数価格を用いて、89,800円と予想する。

iPhone 8 PlusがiPhone 8より2万円高いことを考えると、iPhone XS(6.5インチ)の値段は109,800円となる。結構高いな。

iPhone 9もミッドレンジをカバーすることを考えて少し値下げ。現行の価格のままだとiPhone X(5.8インチ)の価格と近すぎる。4,000円値下して、74,800円。あ、なにか現実的な価格。

  • iPhone XS (5.8インチ) 89,800円
  • iPhone XS (6.5インチ)109,800円
  • iPhone 9 74,800円

まとめ

iPhone X (5.8インチ)

  • ディスプレイ:5.8インチOLED
  • サイズ:iPhone Xと同等
  • スペック:A12チップ。4GBメインメモリ
  • 新機能:Apple Pencil対応
  • 色:シルバー・ゴールド・スペースグレイ
  • 価格:89,800円

iPhone X (6.5インチ)

  • ディスプレイ:6.5インチOLED
  • サイズ:165 x 81 x 7.7mm
  • スペック:A12チップ。4GBメインメモリ
  • 新機能:Apple Pencil対応
  • 色:シルバー・ゴールド・スペースグレイ
  • 価格:109,800円

iPhone 9 

  • ディスプレイ:6.1インチ液晶
  • サイズ:150.9mm76.5×8.3mm
  • スペック:A12チップ。4GBメインメモリ
  • 新機能:Face ID
  • 色:シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ブルー・オレンジ
  • 価格:74,800円

すべては9月12日に明らかに

すべては来週の火曜日には明らかになる。それまでの間、こうやってあれこれ予想するのがAppleファンの愉しみですよね。

www.kantakayama.com