ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneのカメラを起動する4つの技

カメラはスマホの中心

スマートフォンでよく使われる機能のひとつがカメラだ。スマートフォンが普及して大きく変わったのは、写真を撮影する機会が増えたことだろう。

iPhoneのiOSもアップデートする度に、カメラを使いやすくする試行錯誤を繰り返している。

最新のiOS 11では、iPhoneのカメラを起動する方法が4通りある。

  • ロック画面のアイコンを強く押す
  • ロック画面を左スワイプ
  • コントロールセンターのアイコンをタップ
  • 標準のアイコンをタップ

ロック画面のアイコンを強く押す

ロック画面の右下にある「カメラ」アイコンを強く押す。

アンロックのあとでも、iPhone Xでは通常画面で右上から下にスワイプすると表示できる。

f:id:tkan1111:20180531172540p:plain

ロック画面を左スワイプ

ロック画面を左へスワイプする。必ずしも右端からスワイプする必要はないが、うまくいかない人は右端から長めにスワイプすると良い。

f:id:tkan1111:20180531173718p:plain

コントロールセンターから

コントロールセンターに「カメラ」アイコンを配置できる。コントロールセンターを呼び出すにはiPhone Xでは右上から下へスワイプ、その他のiPhoneでは下から上へスワイプする。

f:id:tkan1111:20180531174032p:plain

アイコンを「強く押す」とセルフィーやビデオ撮影などの機能をショートカットして選べる。

f:id:tkan1111:20180531174543j:plain

アイコンをタップ

iPhoneの最初からある起動方法。他にもカメラを起動する方法がいくつもでてきたので、筆者は「カメラ」アイコンをフォルダーにいれて使わなくなった。

f:id:tkan1111:20180531174820p:plain

こちらも「強く押す」ことでショートカットメニューが選べる。

f:id:tkan1111:20180531175110j:plain

シャッターチャンスを逃すな!

いろいろあって悩みそうだけど、自分がやりやすい技を覚えて、シャッターチャンスを逃さないようにしよう!

www.kantakayama.com