ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

watchOS 5.1.2がリリース。新しいコンプリケーションなどが追加。Apple Watchをかざすだけで飛行機に乗れるようになる?

watchOS 5.1.2

Apple Watch用OS「watchOS 5.1.2」がリリースされた。

f:id:tkan1111:20181207093128j:plain

今回のアップデートの目玉は、新しくなった心電図機能だが、米国限定。デジタルクラウンに指を置くことで、心房細動の兆候が読み取れるそうだ。

Apple Watch series 4発表時に公表された機能で、今回のアップデートでようやく使用できるようになった(ただし米国限定)。日本で使えるようになるかは未定。Appleのサイトの日本語サイトには記述が消された模様。

tu[:contents]

f:id:tkan1111:20181207093707j:plain

新しいコンプリケーションを追加

日本で使える新機能は、インフォグラフ用の新しいコンプリケーション。メールやメッセージなどApple Watchの主要な機能のコンプリケーションが追加された。

と言っても、コンプリケーションはただの丸いアイコンで、表示される情報は一切なく、ちょっとやっつけ仕事に思える。特定の人とやり取りすることが多いなら、メールやメッセージよりも「お気に入り」の方が便利だ。

f:id:tkan1111:20181207100315j:plain
f:id:tkan1111:20181207100311j:plain
表示される情報はなく、アプリの起動だけ

Walketの強化

リリースノートには「非接触型リーダーに触れた時に、Wallet内にあるサポート対象の映画チケット、クーポン、ポイントカードなどに直接アクセスできます」とある。字面通りに解釈すれば、Apple Watchを端末にかざすだけで、ポイントカードでポイントを貯めたり、飛行機に乗れたりできそうだ。

カードを起動しないでカード情報を読み取るのは、Pontaカードが対応したが、Pontaカードの場合、Apple Payでの支払いがトリガーとなって、Pontaカードも同時に読み取っているように見える。

今回のアップデートからは、Apple Payをしなくても、Walletに登録したカードやチケットから情報を読み取れるように思える。

これが事実で、企業が対応してくれれば画期的だ。飛行機に乗る度に、QRコードを見せていた手間がなくなり、Apple Watchをかざすだけになる。もっとも、JALなどがおサイフケータイで実現していた機能なんですけどね。