ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新年あけましておめでとうございます。2018年で人気があった記事ベスト5

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。旧年中は当ブログをお読みいただきありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年3月に思い立ってからブログの更新を毎日実施できました。280日連続更新し、Appleを中心としたIT業界、デバイスの便利な使い方などを記事して数も460を超えました。訪問してくれる人も徐々に増えて、当初では考えられないぐらい多くの人に毎日見てもらえるようになりました。

複雑で変化が激しいIT業界を理解する一助になれたのであれば幸いです。

2018年に人気があった記事ベスト5をお知らせします。

f:id:tkan1111:20181229094147p:plain

第1位:ビジネスで使う人が買う新Apple Watch 4の組み合わせ

Apple Watchのユーザー数も随分増えてきました。今では腕時計の中で世界一の売上を誇っています。

2018年秋に登場した「Apple Watch series 4」はバンドやケースの素材など多くの選択肢があります。運動ではなく、仕事でApple Watchを使う人のための組み合わせを考えてみました。

第2位:Apple WatchでマラソンするならNIKE+ Run Club

第2位はランニング向けアプリ「NIKE+ Run Club」(以下、NRC)の紹介記事。NikeモデルにプリインストールされているNRCは、ランニングを継続するための多くの機能を有しています。Apple Watch純正アプリ「ワークアウト」もwatchOS 5で随分進化しましたが、継続するモチベーションを高める仕掛けなど、NRCの方が優れている点も多いです。Apple Watch単体で音声ガイダンスができるアプリはNRCだけです。

第3位:AirPodsで音が出ない時の対処法

AirPodsのトラブルシューティングをまとめた記事です。

 発売から2年が経過しても人気なAirPods。イヤフォンには物理的なスイッチが一切ないシンプルなインターフェイス、Apple製品との接続性の高さは素晴らしいですが、一度不具合が起きると対処方法が難しい製品でもあります。

第4位:iPhone XSとGoogleの新スマホ「Pixel 3」を比較する

10月に登場したGoogleのスマートフォン「Pixel 3」とiPhone XSの比較記事。新機能に乏しかったiPhone XSが期待はずれだったのか、Pixel 3に注目が集まりました。iPhoneよりも安い価格、iPhoneを研究したと思われるデザインと機能はiPhone対抗モデルとして十分の存在感があります。

示し合わせたわけではないだろうけど、AIを用いた写真撮影機能をAppleとGoogleが同時期に搭載してきたのは面白いのと、将来のスマホの方向性を見せてくれました。

第5位:新型Apple Watch 4で使えるコンプリケーション一覧

Apple Watch series 4でしか使えないコンプリケーションの紹介記事。今まで3モデルのコンプリケーションは共通でしたが、大型化したディスプレイ専用の文字盤には独自のコンプリケーションが用意されました。

コンプリケーションの形状も11種類に増えて、それぞれの形状に対応しなければならないアプリ開発者は大変です。