ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

次期AirPodsが2019年に販売? ノイキャン機能を搭載?噂を検証

新たなAirPods

初めてモデルチェンジしたAirPodsのさらなる新型の噂が早くもでてきた。2019年中に後継モデル、2019年から2020年にかけて新たなデザインのAirPodsが登場すると、Apple情報でおなじみのミンチー・クオ氏が発言した。

それ以外にも、いくつかの噂がでているので、検証してみたいと思います。

f:id:tkan1111:20190423082306p:plain

ノイズキャンセリング機能

以前からAirPodsにノイズキャンセリング機能を搭載する噂は出ていた。AirPods登場以降たくさん出てきた完全ワイヤレスイヤホンだが、最近はノイズキャンセリング機能をもつイヤホンが増えてきているので、現行のAirPodsの機能は明らかに遅れている。

ただ、AirPodsにノイズキャンセリング機能を搭載するのは容易ではない。現行モデルはオープンエア型でイヤーパッドもないので、外部からの音が入り込みやすい構造になっている。

多くのノイズキャンセリング機能付きイヤホンはインナーイヤー型でパッドをつけている。AirPodsにパッドをつければいいかというと、そう簡単でもない。現行の充電ケースの形状ではパッドは入らないので、ケースからすべて再設計しなければならない。

今回の噂ででてきた2020年のリデザインモデルには搭載できるかもしれない。

ブラックモデル

ブラックモデルが登場すると、2代目登場前も噂になったが、結果はホワイトモデルだけだった。

過去のApple製品をみると、カラーバリエーションがあるかどうかで、主力製品かただの周辺機器扱いなのか決まる傾向にある。すでに販売停止になったAirMacやiPhoneにも同梱されているイヤホン、充電ケーブルはホワイトモデルしかない。一方で、Mac、iPhone、Apple Watchはカラーバリエーションがある。

Apple TVはブラック一色だが、HomePodはブラックとホワイトモデルがあり、HomePodにAppleが力を入れているのがわかる。

今回のAirPodsがホワイトモデルしかなかったのは、AirPodsの売れ行きが落ちていないし、AirPodsが周辺機器扱いだからだと思われる。

完全防水

屋外で使用する機会も多いAirPodsに防水機能はぜひとも欲しい機能のひとつだ。現行モデルでもかなり水に強いので、防水対応はそんなに難しいことではないだろう。

ただ、IP67などの規格を取得するには、複数の試験にパスする必要があり、手間とコストがかかる。そこまでのメリットをAppleは感じていないのかもしれない。

ボリューム調整

現行AirPodsを利用していて困るのがボリューム調整のスイッチがない点だ。「Hey Siri」やApple Watchで調整することが多いが、イヤホンにスイッチがあれば簡単にボリュームを調整できる。デザインを変更するなら、ボリューム調整スイッチの搭載は可能に違いない。iPhone付属のイヤホンにもボリューム調整のスイッチはあるのだから、Appleも必要性は認識していると思う。

マルチポイント機能

新型AirPodsを購入して以降、BOSEのワイヤレスイヤホン『QuietControl 30 wireless headphones』(以下、QC30)ではなく、AirPodsを使用するようにしているが、最も戸惑うのがマルチポイント機能がないことだ。

 

屋外でiPhoneに接続して音楽を聴いていて、帰宅してMacの動画を鑑賞するときに、QC30なら切り替え不要で、何の作業もしなくても音声を出力するデバイスに自動で接続する。

AirPodsだと、iPhoneからMacに切り替える作業が必要だ。

ただ、マルチポイント機能をもつワイヤレスイヤホンは、僕が知る限りBose製しかなく、完全ワイヤレスイヤホンでマルチポイント機能を持つ製品は存在しない。

 

Apple製品には、もちろんない。専用チップであれば、MacとiPhoneのマルチポイントや自動切り替えはできそうな気もするけど。

本当に2019年に新モデルが登場する?

今回の噂では2019年に後継モデルが登場するとなっているが、2代目の登場が遅れたことを考えると、可能性は低いと予想する。

2代目はAirPowerの開発遅延(最終的には中止)に引きずられて発売が遅れたのに、初代モデルと性能があまり変わらなかったのは、AirPods開発の優先順位がApple内で低いと考えられる。

利益率が低いハードウェアからサービス中心の企業にAppleが生まれ変わろうとしている現状、ハードウェアの中でも利益率が低い周辺機器への優先順位が低いのは理解できる。AirMacなどの周辺機器は販売中止になり、英語圏以外ではHomePodはなかなか登場しない。

新型AirPodsが登場するのは、もうしばらく時間がかかると予想する。