ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

2019年回顧:Apple編。サービスとAirPods Pro、停滞するiPhone。定まった方針を先に進める2020年

2019年回顧

年号が変わり、色々と変化があった2019年、Appleは多くの製品とサービスを発表した。一年を回顧して、来年のAppleがどうなるか考えてみます。

f:id:tkan1111:20191225093926p:plain

第3の柱「サービス」

今年のAppleの大きな変化はサービス部門の拡大だろう。3月のイベントで発表した動画配信サービス「Apple TV+」、定額ゲームサービス「Apple Arcade」を秋に開始した。まだ、大きな人気を博しているわけではないが、成功しているApple Musicのように今後のAppleを支えるサービスに成長することが期待されている。

ハードとサービスを連携させるのが現在のトレンドだ。Appleは強大なブランドとOS・ハードを一体化した製品を中心とした上質なサービス空間の提供で、ライバル企業と争っている。

来年は今年開始したApple TV+とApple Arcadeを育てる一年になるだろう。

動画配信はNetflix、Amazon、Disney、ゲーム業界は任天堂、Microsoft、Googleとライバルが多い。

他社の映画も提供するAmazonとNetflix、過去の資産が豊富なDisneyと異なり、Appleオリジナル作品だけを提供するApple TV+は独特のポジションに位置している。

価格はNetflixよりは安いが、AmazonやDisneyとはあまり変わりがない。今はApple製品を購入すると一年間無料になっているが、今後の価格はどうするか。今の作品数だけでは明らかに割高だ。

オリジナル作品を増やしつつ、他社の作品もサービスに含めるか、今後の価格をどうするか判断する時が来るだろう。

f:id:tkan1111:20191225094354p:plain

整理が進む製品ラインナップ、成熟したiPhone

今年も多くの製品が登場した。モデルチェンジを行う中で、ここ数年混迷していた製品ラインナップが整理されてきた。

基本的に、無印のスタンダードとProモデルに分かれた。

  • 標準モデル:iPhone 11、iPad、MacBook Air
  • Proモデル:iPhone 11 Pro、iPad Pro、MacBook Pro

 ただ、ディスプレイサイズが近いiPadとiPad Airの両モデルがまだ存在している。CPU性能も価格も異なるが、いずれiPad Airは淘汰されるかもしれない。

f:id:tkan1111:20191225085111p:plain

Macは3年ぶりにモデルチェンジしたMacBook Pro16インチモデルが登場した。このモデルでは、今まで不具合が多かったキーボードがリニューアルしたのが話題になった。Appleが積極的に搭載していたバタフライキーボードから、従来のシザース型に戻したからだ。

USB-Aの廃止など、今までユーザーの不満が多くても進化のためには方針を変えなかったAppleにとっては珍しい判断だった。何度改修しても満足できるキーボードを作ることができなかったとはいえ、Appleがユーザーの声を聴くようになった証左だ。

ユーザーの意見が多かったiPad miniのモデルチェンジも今年実現した。Mac miniも昨年復活した。ひょっとすると、Appleは、Proモデル、標準モデル、小型のminiモデルを各ラインナップに用意するつもりなのかもしれない。来年は噂のiPhone SE後継の「iPhone 11 mini」が登場するかも?

Appleの屋台骨iPhoneの性能に大きな変化はなかった。トリプルカメラはiPhone 11 Proには搭載されたが、それ以外はバッテリー性能が目立つ程度で、iPhoneというかスマートフォンが成熟化し、今後の進化の方向性が見えなくなってきているのが、より鮮明になった。

来年のiPhoneは、5G、画面内指紋認証の搭載など大きな変化が予想される。ここで他社にない新たな製品をAppleが提供できるか、それとも他社と変わらない製品になるのか、スマートフォン全体の方向性が問われる製品になりそうだ。

f:id:tkan1111:20191225091321p:plain

AirPods Proの登場

iPhoneの性能が停滞する中、高性能なAirPods Proは、久々にAppleらしさを感じる製品だった。初代とは思えない高いノイズキャンセリング性能、装着していないと感じさせる自然な外部音取り込みモード、AirPods ProはいかにもAppleらしくスマートに使用できるイヤホンだ。

ワイヤレス充電対応のAirPodsと合わせて、AirPodsシリーズはAppleの新たな成長エンジンとなりつつある。AirPodsはiPhoneがほぼ必須のアイテムだ。

バッテリー内臓のiPhoneケースもシャッターボタンが追加されリニューアルした。

iPhoneの性能が停滞しても、周辺機器を増やすことでiPhoneのエコシステムを拡大し、Apple全体の売上を伸ばすことができる。

来年は、また新たなiPhone周辺機器が登場するかもしれない。

増えるAppleストア

日本だけの話題だが、今年はApple丸の内とApple川崎のオープン、Apple表参道のリニューアル、Apple福岡の移転と、昨年のApple新宿、Apple京都に続いて、Appleの日本投資が継続した一年でもあった。

iPhoneのシェアが大きい日本市場をAppleは重要視している。国内にAppleの研究所もできたので、来日する機会も増えて、Apple社員は日本市場を身近に感じているに違いない。

Apple幹部は明言はしていないが、来年も国内に新たなAppleストアができるかもしれないし、Apple銀座のリニューアルもあるかもしれない。

f:id:tkan1111:20191225093216p:plain

定まった方針を先に進める一年

ここ数年のAppleは大きな変化がなく、小規模な改善が続き、製品数ばかり増えて混乱している感じもあった。

今年は新たな試みが増え、ラインナップも整理されてきた。

来年は、今年定まった方針を進める一年となるだろう。今年開始したサービス、

Pro、スタンダード、miniの3モデルの深化が課題になるだろう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。