ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

eRemote miniが繋がらない時の対処法。バッファロー製Wi-Fiルーターは注意

eRemote miniが繋がらない!

スマートリモコン「eRemote mini」が突然使えなくなった。「HomeLink」アプリで確認すると、Wi-Fiに接続できていない。eRemoteの設定もWi-Fiルーターの設定もなにも変えていないのに、なぜか突然繋がらなくなった。

eRemoteが繋がらない時の対処法をご紹介します。

 eRemoteを再接続する方法

  1. HomeLinkアプリ起動する
  2. 「設定」タブ→「ネットワーク情報」→「ネットワークを変更」をタップ

    f:id:tkan1111:20210810093136p:plain

  3.  ダイアログボックスの「OK」をタップ

    f:id:tkan1111:20210810093356p:plain

  4.  ランプが高速点滅になるまでリセットボタンを6秒以上長押しする。eRemoteの場合は背面にある小さな穴がリセットボタンで、細い針のようなもので長く押す

  5. 2.4GHzのWi-Fiを選んで「次へ」をタップ。eRemoteは5GHzに非対応なので注意

    f:id:tkan1111:20210810093717p:plain

  6.  セットアップが無事に完了したら、名称と部屋をタップして完了

    f:id:tkan1111:20210810094117p:plain

  7.  セットアップに失敗すると、リセットボタンを再度長押しするとランプが断続的に点滅する(手動セットアップ状態という)

  8. Wi-Fiのセットアップをする

これでもダメな場合

筆者の場合、これでは改善しなかった。色々試した結果、Wi-Fiの設定を変更したら改善した。

自宅のWi-FiルーターであるBUFFALO「WSR-3200AX4S」は、7/7にファームウェアが自動的にVer.1.20へアップデートされた。Ver.1.20ではメッシュWi-Fi機能である「EasyMesh」に対応した。EasyMeshをオフすれば、他の無線LAN機能に変更はないはずだが、以前のWi-Fi設定のままでもeRemoteに接続できなくなってしまったようだ。

色々試したところ改善する方法がわかったのでご紹介します。

Wi-Fiルーターの変更方法

  1. WebブラウザでWi-Fiルーターにアクセスしてログインする

    f:id:tkan1111:20210810095759p:plain

  2. 「無線LAN」をクリック

    f:id:tkan1111:20210810100017p:plain

  3.  2.4 GHz (11n/g/b)の「暗号化モード」を「WPA2 Personal AES」を「WPA/WPA2 Personal TKIP/AES」に変更する

    f:id:tkan1111:20210810100137p:plain

  4.  「設定」→「設定」をクリック。ルーターが再起動されて完了

セキュリティレベルが下がるので注意

今まではWPA2で接続できていたのに、ファームウェアアップデート後は暗号化モードを変更しないといけなくなった。WPAは暗号化の古い規格なので、ルーターのセキュリティレベルが下がることになる。注意は必要だが、現状この設定以外にeRemoteを接続する方法がなかった。ちなみに、他のWi-FiルーターならWPA2でも接続できたので、バッファロー製Wi-Fiルーターの新しいファームウェアと相性が悪いようだ。

最近eRemoteが繋がらなくなった人は試してみてください。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。