10月5日に宝島社より 「ふたりの余命 余命一年の君と余命二年の僕」 が発売になります。私にとっては初の商業出版になります。
自分の小説が本屋に並ぶという中学生からの夢がようやく実現します! 興味がある方は書店で予約してみてくださいませ。

MENU

eRemote miniが繋がらない時の対処法。バッファロー製Wi-Fiルーターは注意

eRemote miniが繋がらない!

スマートリモコン「eRemote mini」が突然使えなくなった。「HomeLink」アプリで確認すると、Wi-Fiに接続できていない。eRemoteの設定もWi-Fiルーターの設定もなにも変えていないのに、なぜか突然繋がらなくなった。

eRemoteが繋がらない時の対処法をご紹介します。

 eRemoteを再接続する方法

  1. HomeLinkアプリ起動する
  2. 「設定」タブ→「ネットワーク情報」→「ネットワークを変更」をタップ

    f:id:tkan1111:20210810093136p:plain

  3.  ダイアログボックスの「OK」をタップ

    f:id:tkan1111:20210810093356p:plain

  4.  ランプが高速点滅になるまでリセットボタンを6秒以上長押しする。eRemoteの場合は背面にある小さな穴がリセットボタンで、細い針のようなもので長く押す

  5. 2.4GHzのWi-Fiを選んで「次へ」をタップ。eRemoteは5GHzに非対応なので注意

    f:id:tkan1111:20210810093717p:plain

  6.  セットアップが無事に完了したら、名称と部屋をタップして完了

    f:id:tkan1111:20210810094117p:plain

  7.  セットアップに失敗すると、リセットボタンを再度長押しするとランプが断続的に点滅する(手動セットアップ状態という)

  8. Wi-Fiのセットアップをする

これでもダメな場合

筆者の場合、これでは改善しなかった。色々試した結果、Wi-Fiの設定を変更したら改善した。

自宅のWi-FiルーターであるBUFFALO「WSR-3200AX4S」は、7/7にファームウェアが自動的にVer.1.20へアップデートされた。Ver.1.20ではメッシュWi-Fi機能である「EasyMesh」に対応した。EasyMeshをオフすれば、他の無線LAN機能に変更はないはずだが、以前のWi-Fi設定のままでもeRemoteに接続できなくなってしまったようだ。

色々試したところ改善する方法がわかったのでご紹介します。

Wi-Fiルーターの変更方法

  1. WebブラウザでWi-Fiルーターにアクセスしてログインする

    f:id:tkan1111:20210810095759p:plain

  2. 「無線LAN」をクリック

    f:id:tkan1111:20210810100017p:plain

  3.  2.4 GHz (11n/g/b)の「暗号化モード」を「WPA2 Personal AES」を「WPA/WPA2 Personal TKIP/AES」に変更する

    f:id:tkan1111:20210810100137p:plain

  4.  「設定」→「設定」をクリック。ルーターが再起動されて完了

セキュリティレベルが下がるので注意

今まではWPA2で接続できていたのに、ファームウェアアップデート後は暗号化モードを変更しないといけなくなった。WPAは暗号化の古い規格なので、ルーターのセキュリティレベルが下がることになる。注意は必要だが、現状この設定以外にeRemoteを接続する方法がなかった。ちなみに、他のWi-FiルーターならWPA2でも接続できたので、バッファロー製Wi-Fiルーターの新しいファームウェアと相性が悪いようだ。

最近eRemoteが繋がらなくなった人は試してみてください。

10月5日に宝島社より「ふたりの余命  余命一年の君と余命二年の僕」が発売になります。著者初の商業出版です。

「ふたりの余命  余命一年の君と余命二年の僕」は、長らくAmazonランキング上位を維持しているKindle版「ふたりの余命」を大幅改稿した作品です。

書き下ろしの「エピソード0 ひとりの余命」を収録していますので、「ふたりの余命」をすでに読んだ方でも楽しめると思います。

表紙のすてきなイラストは 周憂さんに描いていただきました。物語内の世界観を完璧に表現したすばらしいイラストです(この表紙を手に入れるために購入しても損しないと思います!)。

すでに予約開始していますので、Amazonや書店で予約していただけると幸いです。