ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型MacBook Airが年内に発表される3つの理由

新型MacBook Airはいつ?

M1チップを搭載したMacBook Airは2020年11月に登場したが、昨年はモデルチェンジされなかった。

新型MacBook Airがいつ発売される理由を考えてみます。

f:id:tkan1111:20220326093248p:plain

Appleチップのアップデートサイクル

Appleが自社チップを立ち上げたのは、Macの開発スケジュールがIntelのチップ開発に左右されないようにするのが理由のひとつだった。Macをアップデートしたくても、Intelがチップを開発してくれないと新しい製品を開発できなかった。Intelの最新チップがAppleの要求水準に満たないこともあり、自社チップを開発して自社で全てをコントロールしようとしたのがAppleチップだ。

Appleは自社チップを開発することで、自社の都合でMacのモデルチェンジができるようになった。Intel時代も基本的に一年に一回モデルチェンジしてきた。当然、AppleチップになってもMacを毎年アップデートしていきたいところだ。

M1チップは2020年11月の発表以降M1 Pro、M1 Max、M1 Ultraと拡張版が登場してきた。Appleチップは、1年か1年半のタームでベースとなるチップをアップデートして、その後ダイサイズを拡大したProやMaxを開発することで、MacBook ProやMac Studioなどの上位モデルに対応する方針だ。

その法則に従うと、今年M2チップが発表されるだろうし、M2チップを搭載したMacBook Airが発表されるはずだ。

MagSafe

新型ボディを採用したMacBook ProではMagSafeが復活した。iPhoneにも採用されたMagSafeを次世代の充電システムとして広めるのにAppleはご執心だ。充電端子をMacBook Proと共有化するためにもMacBook Airにも早く搭載したいだろう。

古いボディデザイン

現行のMacBook Airのデザインは、2018年から変わっていない。M1チップを搭載してもボディは変わらず内部機構だけが変更になった。

さすがに現在のノートPCとしてはデザインは古く、これだけ太いベゼルのノートPCは他にないぐらいだ。せっかくM1チップは省電力で発熱も小さいのに現行のボディでは全く生かされていない。MacBook ProのようにAppleチップにあったボディデザインに変更されるだろう。

6月のWWDC?

発売時期は6月のWWDCか11月と予想する。M2チップと同時発表になるので、M2チップの開発製造次第だと思われる。この前にM1 Ulturaが発表されたばかりで、新型チップというのもタイミングが悪いし、今でもIntelチップを搭載しているMac Proのモデルチェンジの方がMacBook Airのモデルチェンジより優先される。

そう考えると、新型MacBook Airの発表は11月かも。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。