ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

無印「MacBook」が登場するか考える。小型軽量安価なMacは登場するのか?

「MacBook」は?

発表されたばかりのMacBook Airの話題が多いが、他のMacbookはどうなるか気になる。現行のMacBookシリーズは、ProとAirしかない。

iPadは4シリーズもあるのにMacBookは2シリーズのみ。MacとiPadの売上規模はほとんど変わらないのに、MacBookの種類は少なすぎる気がする。

気になってくるのは、無印の「MacBook」だ。「iPad」はあっても「MacBook」は存在しない。Macbookは最軽量Macとして販売されていたが、2019年に廃止になり、それからMacBookの新型は発表されていない。

今後もMacBookは販売されないのか考えてみます。

2シリーズ5モデル

現行のMacBookは、MacBook AirとMacBook Proの2シリーズしかないが、筐体は5モデルある。M1、M2 MacBook Air、13インチ、14インチ、16インチMacBook Proの5モデルだ。

iPadもiPad Proが11インチと12.9インチの2モデルがあって、合計5モデルと、MacとiPadではモデル数に違いはない。

現行のMacBookシリーズは、13インチから16インチまで、幅広いモデル数がある。

廉価版は必要?

iPadシリーズの中で、無印「iPad」は廉価版扱いだ。ディスプレイサイズが小さいiPad miniより無印iPadの方が安い。iPadと中堅モデルのiPad Airは3万5000円の価格差がある。無印iPadはチップやカメラなど、他のiPadよりも型落ちのパーツで構成されている代わりに格安で、エントリー機扱いになっている。

現行のMacBookシリーズで、無印iPadに近いのはM1搭載MacBook Airだ。M1 MacBook Airは明らかに型落ちで、ボディデザイン・性能とも過去モデルと変わっていない。

「無印=廉価版」とするなら、廉価版のために無印MacBookを新たに設計することがあるかというと、なさそうな気がする。楔形デザインであるM1 MacBook Airは、廉価版のポジションとしてはマッチしていると思う。

軽量版は?

13インチから16インチまでは5モデルもあって、これ以上入り込む余地はなさそうだ。追加するなら、より小さいディスプレイサイズのMacBookだ。以前のMacBookのディスプレイサイズは12インチで、1kgを切る最軽量のMacだった。それ以前は、11インチMacBook Airも存在していた。

13インチMacBook Airよりも小さいMacBookは今後登場するだろうか。こちらも悲観的だ。新型MacBook Airは1.24gとかなり軽量な作りになっている。

13インチ未満になると、iPad Proのサイズに近づいてくる。iPad ProはMagic Keyboardを装着することでノートコンピューターみたいに使用することができる。わざわざ、小さいMacBookを開発するメリットは少ない。

iPadと合わせてディスプレイサイズ順に並べると、こんな感じになる。

  • 7.9インチ < 10.2インチ < 10.9インチ < 11インチ < 12.9インチ < 13.3インチ < 13.6インチ < 14.2インチ < 16.2インチ

結構ぎゅうぎゅうな感じだ。空いているスペースは12インチぐらいだろうか。この中に小型MacBookを導入させる余地がなさそうに思える。

「Macbook」はなさそう

iPadと合わせて考えると、無印MacBookの発表はなさそうな気がしてくる。ディスプレイサイズが小さいコンピューターはiPadが担っている。Appleは意図的に手に持てる大きさのデバイスとしてiPadを開発し、デスクや膝の上に固定して使えるデバイスとしてMacを開発している。

キーボードが外せないMacBookを新規開発するメリットはあまりなさそうな気がする。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。