ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

第2世代 / 第3世代AirPods、AirPods Proを11項目で徹底比較

第3世代AirPods発表

第3世代AirPodsが発表された。新型AirPodsは、ざっくりいうとノイズキャンセリング機能なしのAirPods Proだ。過去モデルとどこが異なるのか、細かく違いを見ていきたいと思います。

f:id:tkan1111:20211020085203p:plain

チップ

チップはAirPods Proと同じH1チップを内蔵している。第2世代から進化していないのは意外だが、AirPods Proでも使われているから、ノイズキャンセリング機能がない第3世代の性能をカバーできるパワーがあるのだろう。

f:id:tkan1111:20211020085244p:plain

バッテリー駆動時間

第3世代AirPodsのバッテリー駆動時間は6時間と前モデルより1時間長い。6時間保てば、フルマラソンでも使える。ただし、これは空間オーディオをオフにした時の駆動時間で、空間オーディオをオンにすると最大5時間となり、第2世代と変わらなくなる。

f:id:tkan1111:20211020085614p:plain

ケースを使った駆動時間も最大30時間と24時間から大幅に伸びた。だが、これも空間オーディオをオフが前提条件。

f:id:tkan1111:20211020090701p:plain

耐汗耐水性能

耐汗耐水性能はAirPods Proと同等。イヤホンのデザインが同じようになったからに違いない。

f:id:tkan1111:20211020090512p:plain

アクティブノイズキャンセリング

AirPods Proとの最大の違いは、ノイズキャンセリングの有無。AirPods Proとどちらを選ぶかは、この機能が必要かどうかで決めて良いと思う。

f:id:tkan1111:20211020090722p:plain

空間オーディオ

第3世代は空間オーディオに対応した。最近のAppleは空間オーディオにご執心で、iPadにiPhone、Apple TV、最新のMacBook Proが対応している。

f:id:tkan1111:20211020090842p:plain

センサー

感圧センサーが搭載されて、ステムをつまむことで操作できるようになった。加速度センサーをつかったタップによる操作は失敗することがあったので嬉しい変更。

f:id:tkan1111:20211020091116p:plain

よく見ると、AirPods Proにもない新しい「肌検出センサー」を搭載している。説明によると「人間の肌」を識別して、テーブルの上に置いても誤動作しないそうだ。「あなたの耳を識別」するとあるが、他人が使えないように個人の耳を判別している訳ではないと思う。

f:id:tkan1111:20211020091542p:plain

充電ケース

第3世代はMagSafeに対応した充電ケースに変わった。同時にAirPods Proも新しいケースに変更された。MagSafeといってもマグネットが内蔵しているわけではないようで、MagSafe充電器の上に置けば急速充電できる。

値下げして併売されている第2世代AirPodsはMagSafeにもワイヤレス充電に非対応。Lightningケーブルのみで充電できる。

f:id:tkan1111:20211020092342p:plain

マイク

第3世代マイクシステムは、AirPods Proと同等になった。

f:id:tkan1111:20211020092637p:plain

イヤホンのサイズと重量

イヤホンの形状はAirPods Proに酷似している。イヤーチップないぶんだけ薄く、重量も軽い。

f:id:tkan1111:20211020093036p:plain

ケースのサイズと重量

ケースは横に平べったくなった。AirPods Proのケースに似ているが、Proのケースほど横に長くない。重量は意外にも第2世代より少し軽い。AirPods Proよりも軽いので、ケースとしては最軽量。f:id:tkan1111:20211020093451p:plain

価格

値下げした第2世代のプラス7,000円、AirPods Proのマイナス6,780円。ざっくり言うと、約7,000円ごとに上位モデルが選べるようになっている。

f:id:tkan1111:20211020093851p:plain

まとめ

第3世代AirPodsはノイズキャンセリング性能ぬきのAirPods Proと言える。性能も形状もAirPodsによく似ている。AirPods Proとの価格差は約7,000円なので、ノイズキャンセリングを7,000円で欲しいかどうかでどちらのイヤホンを決めて良いと思う。

第2世代は値下げされて3買いやすくなった。ただ、感圧式センサーがなく、操作がしにくい。また、併売されている第2世代はワイヤレス充電に非対応なことにも注意。空間オーディオにも対応していないので、Appleデバイスと連携してほしいがなるべく安いイヤホンがほしいなら、第2世代を選ぼう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。