ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneに触れずにiPhoneとAirPodsを接続する方法

AirPodsは複数デバイスと接続できない

AirPodsは耳に装着するとiPhoneと自動に接続できるけど、AirPodsが別のデバイスに接続した状態だと、iPhoneには自動で繋がらない。AirPodsにはマルチポイント機能がないので、複数のデバイスと同時に接続できないからだ。

MacとAirPodsを繋げたあとでiPhoneと接続する場合は、手動で操作が必要だ。裏技的な方法も含めて、いくつかの方法がありますので紹介します。

<2019/10/16追記>

AirPodsの仕様が変更されて、iPhoneとApple Watchとシームレスに連携するようになりました>

f:id:tkan1111:20190510102455p:plain

コントールセンターから

iPhoneが手元にあるなら一番簡単なのがコントールセンターから接続する方法だ。

  1. AirPodsを耳に装着する
  2. iPhone X以降なら画面右上から下へスワイプしてコントールセンターを呼び出す
  3. 「ミュージック」にある右上隅にある をタップ

    f:id:tkan1111:20190527094028p:plain

  4. AirPodsをタップして、ポロンと音がしたら接続完了

    f:id:tkan1111:20190527093857p:plain

「設定」から

iPhoneの「設定」から接続する方法。3D Touch対応のiPhoneなら便利で早い。

  1. AirPodsを耳に装着
  2. 「設定」アイコンを3D Touchし、「Bluetooth」をタップ

    f:id:tkan1111:20190527094705p:plain

  3.  

    「AirPods」をタップして、ポロンと音がしたら接続完了

    f:id:tkan1111:20190527094810p:plain

Apple Watchを使う

これは裏技的な方法で、Apple Watchを使えば、iPhoneに触れずにiPhoneとAirPodsを繋げることができる。

iPhoneをカバンにしまったままAirPodsとiPhoneを繋げることができるので覚えておこう。

  1. AirPodsを耳に装着
  2. Apple Watchの文字盤の下か上にスワイプしてコントールセンターを呼び出す

    f:id:tkan1111:20190527100914p:plain

  3. 「AirPlay」のアイコンをタップ

    f:id:tkan1111:20190527100944p:plain

  4. AirPodsをタップし、ポロンと音がしたらAirPodsとApple Watchが接続し、同時にiPhoneとも繋がる
    f:id:tkan1111:20190527101118p:plain
    f:id:tkan1111:20190527101202j:plain

まとめ

AirPodsから音が出ないトラブルは、他のデバイスと接続したあと、切り替え直していない場合がほとんどだ。

Apple Watchから接続する方法は、iPhoneに触れなくても接続できるので、Apple Watchユーザーは覚えておこう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。