ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Amazonプライムデーで買うべき商品を考える。値引率64%のEcho Dot

Amazonプライムデーで開幕!

7月12日からAmazonプライムデーが始まった。Amazonのセールスは年に数回行われるようになったが、Amazon製品の割引率が最も大きいのはプライムデーだ。

どの商品を買うべき考えてみます。

Echo Dot (エコードット) 第4世代

第4世代Echo Dotは2,180円で、割引率は64%。これは安い。第3世代はもっと安く1,480円(割引率70%)だが、700円の価格差なら最新世代を選びたい。

Echoデバイスを持っていても、これだけ安いなら全部屋に置いてしまおう。各部屋に設置することで、部屋間通話に使えたり、家中で音楽を鳴らすことができる。

また、2つ揃えることでステレオスピーカーとして使うことができる。

気になるのは発売から2年近く経過していること。本モデルの発売は2020年11月なので、そろそろ新モデルが登場してもおかしくない。過去モデルを見ると、だいたい2年毎にモデルチェンジしている。過去のパターン通りなら、今年の年末あたりに新モデルが登場するかもしれない。

  • 第2世代:2016年10月
  • 第3世代:2018年9月
  • 第4世代:2020年11月

Echo Dot (エコードット) 第4世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Fire TV Stick

Fire TV Stickは1,980円、割引率は60%。FIre TV StickはテレビのHTML端子に差し込むだけで、テレビでAmazonコンテンツを鑑賞できる便利なもの。現行バージョンが発売されたのは2021年4月14日で、一年少々しか経過していないので、すぐにモデルチェンジしないだろう(多分)。そういうタイミングでの60%オフはかなりお得だ。

Fire HD 8タブレット

タブレットの中で最も割引率が高いのが「Fire HD 8」が4,990円だ(割引率50%)。

8インチで実用的なタブレットが5,000円で入手できるのはお買い得だ。ワイヤレス充電ができるFire HD 8 Plusも同じ50%オフで5,990円なので選んでも良いが、Plusを選ぶメリットであるワイヤレス充電を効率良く使うには、ワイヤレス充電スタンドが必要だが、その充電スタンドが3,000円する(単体だと4,600円)。置けば充電できる充電スタンドは便利だけど、8,990円は少々高いかな。

こちらも気になるのは、モデルチェンジサイクル。現行モデルは2020年5月で、すでに2年が経過している。直近の第8世代から第10世代の間隔も2年少々。昨年のブラックフライデーよりも値引率はかなり上がっているので、買った直後に新モデルが登場するかも。

それを承知して買うなら、OK。

  • 第5世代:2015年9月
  • 第6世代:2016年9月
  • 第7世代:2017年6月
  • 第8世代:2018年10月
  • 第10世代:2020年5月

値引率が上がると新モデルが近い?

今回挙げた製品は、どれも値引率が高く、昨年のブラックフライデーよりも値引率がアップしている。ただ、値引率が上がると、その直後に新モデルが登場する確率が高い。特に発売から2年近く経過しているEcho DotとFire HD 8は新モデルが早々に登場するかもしれない。

とは言っても、現行モデルでも充分実用的なので、新モデルが出るかもしれないことを承知で買うなら後悔はしないと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。