ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Appleの秋イベントは9月10日(日本時間9月11日午前2時)。ロゴとキャッチコピーが意味するものは?

Appleの秋イベントは9月10日

f:id:tkan1111:20190830072225p:plain

今年の秋イベントを9月10日(日本時間9月11日2時)に行うとAppleが発表した。今回のキャッチコピーは「By Innovation Only」(「イノベーションによってのみ」という意味?)。

ほぼまったく同じ時期にイベントをAppleが行うようになって、長い年月が経つ。今年も例年同様に新型iPhoneなどの新製品を発表すると思われる。

ロゴが意味するもの

今年のイベントロゴはカラフルだ。5色のAppleマークは、昔懐かしの七色リンゴを思い出す。

最近のカラフルなApple製品といえばiPhone XR。

昨年登場したiPhone XRは、レッド・イエロー・ホワイト・コーラル・ブラック・ブルーの5色だった。今年のロゴも5色で、iPhone XRと異なる色はグリーン、パープル。ホワイトとブラックが入れ替わるのだろうか。

iPhone最初の多色展開モデルだったiPhone 5cにはブラックはなかったし、ブラックはProっぽい色でもあるのでiPhone Pro(iPhone XSの後継だと思われている)の専用色になっておかしくない。

ただ、ホワイトはiPhone 5cにもあるので、消滅するとはちょっと考えづらい。ロゴの背景がホワイトなので、今年のiPhone XR(噂によるとiPhone 11)は6色展開と予想する。

キャッチコピーの意味

イベントのキャッチコピーは、「By Innovation Only」(「イノベーションによってのみ」?)。Appleといえば、イノベーティブな製品を創出する企業だと世間ではイメージされているのに、あえて「Innovation」という文字をキャッチコピーに使ったのはなぜだろう。

今年のイベントでは、新型iPhone、新型Apple Watch、新型iPadとAirPodsが発表されると言われている(iPadとAirPodsは眉唾ものだと思うけど)。

だが、今年はあまり目立ったリークがない。iPhoneはトリプルカメラと双方向ワイヤレス充電機能が目玉なようで、Apple Watchは高級モデルの復活ぐらいしかリークがなく、キャッチコピーとは裏腹にイノベーション感はあまりない。

目玉がないから、あえてイノベーションと標榜したのか、それとも何か隠し玉があるのだろうか。

ルーティンを打ち破れるか?

Appleの秋イベントで、iPhoneとApple Watchがモデルチェンジするのは、もはやルーティンとなっている。iPhoneは隔年でボディが変更されて、合間の年で新機能が付与されてきた。ただ、昨年は目立った新機能がなくiPhoneの性能が頭打ちになった感じもしてきた。

販売を盛り上げなければいけない事情で毎年モデルチェンジをしているが、マンネリ感が強くなってきている。

今年は、そのマンネリを打破できるような製品が発表されるか期待したい。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。