ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

11月11日午前3時にAppleが「One more Thing」イベントを開催。Apple silicon搭載Macbookが登場か

3度目のイベント

11月11日午前3時(日本時間)「One more Thing」イベントを開催することをAppleが発表した。

この秋3度目のイベントで、おそらくきっと新型Macが登場するだろう。Appleは年内にApple silicon内蔵のMacを発売すると公表している。

イベントのタグラインは「One more Thing」。Appleのイベントでは最後に隠し球のような製品を発表する前に使われる言葉だ。今回はあえてイベントの名前に使っているので、この3度目のイベント自体が隠し球という意味なのだろう。

その割には、Macを発売するとネタバレしちゃっているけどね。では、イベントで何が発表されるか考えてみます。

f:id:tkan1111:20201103093312p:plain

最有力候補は「Macbook」

現行のMacのラインナップは、こちら。

  • Macbook Air
  • Macbook Pro
  • iMac
  • iMac Pro
  • Mac Pro
  • mac mini

初のApple silicon版Macは「Macbook」だと予想する。

今回発表されるMacは、Apple siliconが搭載される初のMacだ。A14チップかA14のカスタム版のチップが搭載されるはずだ。A14の性能の高さはiPad Air、iPhone 12で証明済みだが、現行のIntel以上の性能がmacOSで発揮できるかは未知数だ。いきなりProモデルに搭載するとはちょっと考えづらい。

IntelからApple siliconに変更するメリットは、省力化と低コストだ。モバイルデバイス用に設計されたA14チップはノートPC用のチップよりも省電力だ。この変更によりバッテリー駆動時間を従来より伸ばせるし、バッテリー容量も減らせる。

また、自社設計したApple siliconはIntelから買いつけるよりもコストを削減できるので、新製品はお値打ちな値段で発売されると思われる。

軽くて安いPCなら、Macbook Airやmac miniも考えられるが、現時点でMacbookという名のMacは存在していない。Appleは、iPadとiPhoneで標準モデルとProモデルをラインナップしているので、Macも同様にMacbookとMacbook Proのラインナップを構築すると考える方が自然だ。

初のApple内製チップ搭載のMacとして伝統あるMacbookの名はそれに相応しい。

さらにOne more thingはあるか?

今回のイベントで新型Macが登場するのは間違いない。他の製品の発表はあるのだろうか。例えば、忘れ物防止チップ「AirTags」とかAirPodsのヘッドホン版「AirPods Studio」とか。

これらの製品は登場しないと予想する。

言うまでもなくMacはAppleにとって重要なプロダクトだ。そのMacの歴史的転換点であるこのイベントで別の製品が発表されて別の製品にユーザーの興味がいくのは避けたい。One more thingではなく、新型Macbookの露払いとして、さらっと発表される可能性はあるかもしれないけど、あくまでもメインはMacだ。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。