ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

Appleチップ搭載Macで「空間オーディオ」に対応しているアプリ

空間オーディオ

Appleシリコン搭載のMacとAirPods Pro(第3世代AirPodsなど)を組み合わせると、音源がステレオでも空間オーディオで視聴できる。ただ、対応しているアプリと非対応のアプリがある。

対応しているアプリを調べてみます。

ミュージック

Apple純正アプリ「ミュージック」は「ステレオを空間化」にもちろん対応している。「固定」か頭の動きに合わせて音場が変わる「ヘッドトラッキング」が選べる。

音源が「ドルビーアトモス」だと、このように表記される。

Apple TV+

純正アプリなので、当然対応している。

音源が対応していれば「ドルビーアトモス」表記になる。

Safari

Safariで視聴する動画配信サービスは「ステレオを空間化」できる。試したのは、YouTube、Amazon Prime Video、DAZN、ABEMA。

Google Chrome

同じ動画配信サービスでも、ブラウザがGoogle Chromeだと「ステレオを空間化」できない。

Amazon Music

Amazon Musicアプリは、非対応。Ultra HDなどの音源も再生できるのに、「ステレオを空間化」は使用不可。iPhoneのAmazon Musicアプリだと「空間オーディオ」が使用できるので、Mac用Amazon Musicアプリが対応していないようだ。

MacでもSafariからAmazon Musicを再生すると、「ステレオを空間化」が使用できる。Safariで流せば良さそうだけど、Webブラウザとアプリでは他にも挙動が異なる。

こちらがアプリで流した場合。「ULTRA HD」と表示される。

ただ、サウンドには「ステレオ」などの音源は表示されない。

こちらがSafari。「SD」と表示される。空間オーディオに対応しているので、こちらの方が明らかに音に広がりがある。

サウンドの表記は「ステレオ」。

Google Chromeも「SD」が表記される。空間オーディオは使用できない。

Amazon Prime Video

Mac用Amazon Prime Videoアプリがある。Amazon Musicアプリは非対応なのに、Amazon Prime Videoアプリは対応している。

サウンド表記は「ステレオ」

空間オーディオを使用したいならSafariで再生

「空間オーディオ」で愉しみたいなら、Apple純正アプリかSafariで再生するのが一番確実だ。Amazon MusicもAmazon Prime MusicでもSafariでの再生なら「空間オーディオ」が選べる。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。