ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

画面に触れずにApple Watchのタイマー・アラームを止める方法

画面に触れずにApple Watchのタイマーを止める方法

Apple Watchで便利な機能なのが、タイマーとアラームだ。音を出さずに振動で知らせてくれるので、人がいる場所でも使うことができる。

ちょっと面倒なのが、アラームとタイマーを停止するときだ。Apple Watchのタイマーを止めるには、なんとなく真ん中の「終了」をタップすれば良い気がするけど、左下の「X」ボタンをタップする必要がある。「X」ボタンがちょっと小さい。真ん中の「終了」で停止でいいんじゃないかな。

料理中にタイマーを使っているとき、手が汚れていて押せないときもある。

画面に触れずにApple Watchのタイマーを止める方法をご紹介します。

<2022/09/21追記>

watchOS 9で追加されたクイックアクション機能では、ダブルピンチでアラームを止めることができるようになった。

f:id:tkan1111:20220224084423p:plain

Siri

簡単なのは「Siriにお願いする」ことだ。「Hey, Siri、アラームを止めて」でアラームは停止する。ただ、なぜか失敗することがあるのが、玉に瑕。

Assistive Touch

Apple Watchに触れずに操作できる「Assistive Touch」を使うことでアラームを止められる。Assistive Touchは、Apple Watch Series 4 以降とApple Watch SE が対応している。
 Apple Watch Series 4 および Series 5 で Assistive Touch を使うには、 watchOS 8.3 が必要。

Assistive Touchの設定方法

  1. iPhoneで「watch」アプリを起動して「設定」をタップ
  2. 「アクセシビリティ」をタップ

    f:id:tkan1111:20220224085627p:plain

  3. 「Assistive Touch」をタップして「オン」にする
    f:id:tkan1111:20220224085713p:plain

    f:id:tkan1111:20220224085805p:plain

  4. 「ハンドジェスチャ」を「オン」にする

    f:id:tkan1111:20220224085908p:plain

  5. 「クイックアクション」を「オン」にする

    f:id:tkan1111:20220224085953p:plain

  6. タイマーが停止すると「タイマーを停止。ダブルクレンチ」が表示される。「ダブルクレンチ」はApple Watchを装着した手を2回握ることf:id:tkan1111:20220224090027p:plain

クイックタッチは設定しておこう

片手で使えるAssistive Touchはさまざまな機能があるが、アラーム・タイマーを止めることができる「クイックタッチ」は便利な機能だ。クイックアクションを設定しても、普通に「X」ボタンをタップしても止めることも、もちろんできる。

対象モデルなら、ぜひ設定しておこう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。