ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneに触れないでAirPodsを接続させる方法

マルチポイント機能がないAirPods

AirPodsは便利だが、数少ない欠点のひとつがマルチポイント機能がないことだ。マルチポイント機能とは、Bluetooth機器が複数のデバイスに同時に接続し、音が出るデバイスへ自動的に切り替えてくれる機能だ。

マルチポイント機能があれば、たとえばMacとiPhoneへ同時に接続して、切り替え動作なしに音が出るデバイスの音声を出力できる。

AirPodsにはその機能がなく、Macに繋げたAirPodsをiPhoneで使うときは手動で切り替える必要がある。

iPhoneを鞄に入れていると、切り替えのために取り出すのは面倒だ。

そこで、iPhoneに触れずにAirPodsを繋げる方法をご紹介します。

Apple Watchを使う

簡単に言うとApple Watchを用いる。AirPodsをApple Watchに接続させると、自動的にiPhoneにも繋がる。

  1. Apple Watchのホーム画面で下端から上にスワイプしてコントロールセンターを開き、AirPlayアイコン をタップ

    f:id:tkan1111:20200308190744p:plain

  2. 接続するAirPodsをタップ

    f:id:tkan1111:20200308190543p:plain

  3. アプリ「再生中」をタップ

    f:id:tkan1111:20200308191146p:plain

  4.  「iPhone」をタップ
    f:id:tkan1111:20200308191303p:plain

  5.  再生ボタンをタップ。好きな曲を選ぶならアプリ「ミュージック」から

    f:id:tkan1111:20200308191228p:plain

コントロールセンターは便利

使っている人は少ないかもしれないが、Apple Watchのコントロールセンターはすぐにアクセスできて便利だ。

ぜひマスターしよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。