ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchのバンドがプラグ式に変更?「スマートバンド」が登場か

プラグ式のバンド

Apple Watchとバンドを接続するのがプラグ式を採用する特許をAppleが申請した。今は左右にスライドして接続するバンドが、申請内容ではカチッと押し込むタイプへ変更になっている。

f:id:tkan1111:20191025091807p:plain

スマートバンドの可能性

バンドとの接続方式だけではなく、外したバンドの端子をMacやiPhoneと接続したり、バンドに様々なセンサーやバッテリーなどを内蔵させたりも考えられる。

Apple Watchは4から5でハードウェアは進化していない。スマートウォッチはサイズが小さいので、センサーやカメラなどの機能を詰め込むには限界がある。バッテリー容量も制限があるので消費電力が大きい機能は搭載しづらい。

バンドにバッテリーや機能を内蔵してApple Watchと連動できれば、バッテリーとサイズの制約を取り払うことができる。

Apple Watchは”脱iPhone”をテーマに、GPSやモバイル通信を搭載し、Apple Watch単体での操作を目指してきた。カメラなど、Apple Watchが内蔵できない機能をスマートバンドが実現してくれるかもしれない。

f:id:tkan1111:20191025092227p:plain

拡大するエコシステム

Appleは少ない種類の製品を販売し、高い利益率を維持するビジネスモデルをとってきたが、Apple Watchでは季節毎に新しいバンドの販売を続けている。製品サイクルが伸びている中、ハードウェア単体での売上拡大には限界がある。バンド販売のビジネスを含めたエコシステムの拡大は、Apple全体のビジネスに貢献する。

機能を内蔵するスマートバンドが実現すれば、Apple Watchのエコシステムをさらに拡大できる。気分と状況に応じて機能を付け替えられるスマートバンドは、Apple Watchの世界をさらに広げるに違いない。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。