ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple WatchでWebページやHTMLメールを表示する方法

watchOS 5にWebページ表示機能を搭載?

2018年秋に登場したwatchOS 5の新機能のひとつにWebページ(HTML)を表示する機能が追加されると当初発表されていた。

今まではApple Watchの画面にHTMLメールやWebページを表示することができなかった。

あれ? できない?

Apple WatchにはSafariなどのWebブラウザがない。メッセージにペーストされたURLをタップすることで、Webページにアクセスできる。

f:id:tkan1111:20190619102106p:plain

だけど、今試すとなぜかできない。タップすると「このリンクはApple Watchでは表示できませんが、iPhoneで開くことができます。」と表示される。

f:id:tkan1111:20190619102332p:plain

おかしいな。以前試したときはできた気がしたのに。メールをタップすると、URLのリストが表示されたような。

今試すと、メールのリンクはタップもできない。仕様が変わったのか、Apple Watch series 4には対応していないのか(ディスプレイサイズが大きくなったのにありえないと思うが)。

とにかくうまくいかない(やり方をご存知の方は教えてください)。

HTMLメールは表示できる

HTMLメールをタップすると、きちんと表示することはできる。ただし、リンクをタップしてもそのページを表示することはできない。

f:id:tkan1111:20190619103814p:plain
f:id:tkan1111:20190619103651p:plain

アプリを使う

Evernoteを使えばHTML画像をApple Watchに表示することができる。クリップしたWebページをApple Watch版Evernoteで参照可能だ。

ただし、Apple Watchで表示される画像は一枚だけ。文字情報はすべて表示される。複数画像のうち、一枚だけ選ばれるロジックはかちょっとわからないので、画像はアイキャッチ的な意味しかない。

f:id:tkan1111:20190619105854p:plain
f:id:tkan1111:20190619110254p:plain
f:id:tkan1111:20190619110453p:plain
左から、Mac版Safari、Mac版Evrenote、Apple Watch版Evernote

watchOS 6で復活する?

Apple WatchでWebページを表示する機能は、どこへいってしまったのだろう。もし削除されているなら、watchOS 6で復活するか注目したい。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。