ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

【小ネタ】Apple Watchの曜日を英語表記にする方法

Apple Watchの日付表記

新型「Apple Watch series 5」購入をして、久々に腕時計を腕に巻いた人もいると思う。Apple Watch 5から常時ディスプレイになったので、「普通の腕時計」としても使いやすくなった。

Apple Watchを普通の腕時計として使って気になるのが、「日付表記」。日本語環境だと、日付表記は「11 金」みたいに曜日が漢字で表示される。

せっかくカッコいい文字盤を使っても、漢字で書かれるとちょっとダサい。

英語表記にする方法を調べてみました。

日付を英語表記にする方法

Apple Watchの日付を英語表記にするためには、言語設定を「英語」に変更すれば良い。

言語設定を英語にすれば、日付も英語表記になる。

筆者のおすすめは「NIKEハイブリッド」。日付の表示が少し変わっている。

f:id:tkan1111:20191001084406p:plain

ビジュアル系の文字盤は英語表記とマッチする。

f:id:tkan1111:20191001084533p:plain

欠点は、日付表記だけではなく、他の表記も英語になってしまうこと。多くのアプリは英語設定にすると、表示が英語になる。標準アプリはもちろん、NIKE RUN CLUBなども英語表記になる。

と言っても、Apple Watchで細かい操作を頻繁に行うわけではないので、それほど困ることはないだろう。日本語で入力した情報であるカレンダーやメモなどは当然日本語で表示される。

気をつける点は、iPhoneは日本語設定のままにしておいて、Apple Watchだけ英語設定にすること。iPhoneの設定も変更すれば、iPhoneの日付表記も英語になるが、iPhoneをネイティブではない言語にするのは、いささかキツイ(iPhone 3G時代はスペックが貧弱で、すこしでもメモリを節約するために英語環境で使ったけど)。

Apple Watchを英語環境に設定する

  1. iPhoneのアプリ「watch」を起動
  2. 「設定」→「言語と地域」をタップ

    f:id:tkan1111:20191001082428j:plain

  3.  「カスタム」をタップ。「カスタム」にすると、iPhoneとは異なる設定ができる。

    f:id:tkan1111:20191001082746j:plain

  4.  「Watchの使用言語」で「English」を選択。選択できないときは、下の「使用する言語の優先順位」で「English」を追加する。一番下の「地域」は「日本」のままでも、英語表記になる。
    しばらく待つと英語表記に変更される。
    f:id:tkan1111:20191001082828j:plain

困ったら、元に戻そう

以前のiPhoneは、言語環境を変更すると、反映されるまでに暫く時間がかかったが、Apple Watchは反映されるまであまり時間がかからないので、英語表記に困ったら、すぐに戻してしまおう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。