ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchのワークアウトでトラック1周のタイムを計測するセグメント機能の紹介

偶然見つけたセグメント機能

Apple Watchのワークアウトを起動してランニングしていて、何気に画面をダブルタップしたら、見慣れない画面に変わった。

f:id:tkan1111:20190305084003j:plain

 

「セグメント」と呼ばれる機能で、タイム・距離・ペースを計測してくれる。たとえば陸上トラック1周分のタイムやペース、いつものランニングコースの片道のタイムなどを計測できる。

長い間Apple Watchのワークアウトを使っていたが、初めて知った。いつ追加された機能なのだろう。

セグメントの使い方を説明します。

セグメントの使い方

セグメントの使い方は簡単。ワークアウト中に画面をダブルタップするだけ。そこまでのタイム・距離・ペースが区切られる。セグメントは何回でもできるので、トラック1周毎にタイムを計測することができる。

1 つ目のセグメントが 9 分 3 秒経過したところ

各セグメントの情報はiPhoneアプリ「アクティビティ」のワークアウトから参照できる。

f:id:tkan1111:20190305084954j:plain

まとめ

  • 一定距離・時間のタイム・距離・ペースを計測できる
  • ワークアウト中に画面をダブルタップ

Apple Watchのワークアウトはランニング中なら1キロごとのタイムを自動的に記録してくれるが、特定の距離を走るタイムを計測するにはセグメントが便利だ。もちろんランニングだけではなく、サイクリングなどにも利用できる。

ぜひ活用していきましょう。