ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

「BALMUDA Phone」を買う人は誰なのか?

「BALMUDA Phone」登場

デザイン家電で有名なバルミューダが新型スマートフォン「BALMUDA Phone」を発表した。

SIMフリーモデルが10万4800円、ソフトバンク版が14万3280円と結構高額。どういう人がこの新しいスマホにマッチするのか考えてみます。

デザイン家電メーカーが作るスマホ

バルミューダーといえばトースターなどのデザイン家電が有名だ。日本のデザイン家電の先駆者といえばamadanaだが、そういえばドコモと連携してamadanaデザインのスマホを販売していた。さまざまな家電をデザインしていると、普段持ち歩いているスマートフォンをデザインしたくなるのかもしれない。

売りはデザイン

BALMUDA Phoneの1番の特徴もデザインだ。河原の小石をモチーフとした丸っこいデザインは最近のスマートフォンにはない雰囲気が出ている。機能一辺倒で真四角なスマートフォンが多い中、かなり異色だ。大昔のiPhone 3Gを思い出す。

f:id:tkan1111:20211122093306p:plain
f:id:tkan1111:20211122093328p:plain

高さ 123mm x 幅 69mm x 厚さ 13.7mmで、4.9インチのディスプレイは近年のスマートフォンの中ではかなり小型だ。重さも約138gで、iPhone 13 miniより軽い。

最近のスマホは重くて疲れるという人にはうってつけのモデルだ。背面にはバルミューダ社長による社名が描かれている。

性能は普通

デザインに特徴はあるが、性能は普通だ。ROM 128GB 、RAM 6GB、2,500mAhのバッテリー容量、背面カメラは約4,800万画素、CPUはQualcomm®︎ Snapdragon™ 765。中堅スマホと同等の性能だ。

指紋認証、ワイヤレス充電、IPX4の生活防水と現代のスマートフォンが必要なものは揃っている。

気になるのは指紋認証の場所が背後にあることだ。反対側にあるカメラとデザインを揃えてあるので、指で触れると間違えそうになるかもしれない。デザインに凝って使い勝手が悪くなる「デザインの敗北」にならないと良いのだけど。

f:id:tkan1111:20211122094411p:plain

凝ったアプリ

スマホ内の世界観を統一するために、バルミューダが開発した基本アプリを搭載している。

「ホーム画面」「スケジュール」「メモ」「カメラ」「計算機」「時計」などがインストールされていて、外観に合わせたクールなデザインとなっている。

昨日も一工夫されていて、例えば計算機では「億万」ボタンがあって、高額の数字も簡単に入力できる。

f:id:tkan1111:20211122094729p:plain

ただ、WebブラウザなどのアプリはAndroidそのままなので、完全に統一した世界観を維持することはできない。

金額に見合うスマホなのか

10万4800円は、ハイエンドスマホと同等の価格で、「BALMUDA Phone」の性能を考えると割高であることは否めない。このスマホを買うかどうかは、このデザインと世界観(それを裏打ちするストーリー)に10万円を支払えるかどうかで決まると思う。

このデザインが気に入って、コンパクトなスマホが欲しい人には間違いなく買いだ。

ただ、スマホの技術は日々進化し、OSも毎年アップデートされる。この世界観を維持していくには、OSに合わせてアプリとカスタマイズ部分もアップデートしないといけない。

過去に幾つかの企業がデザイン性豊かなスマートフォンを開発したが、長続きしなかった。過去に発売されたデザインケータイは、OSアップデート・不具合への対処、アプリの更新などの作業が負担となり、いつしかただの「古いスマホ」に成り下がってしまう例が多かった。

今回の「BALMUDA Phone」はどうなるのか注目していきたい。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。