ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Macの「ミュージック」でiPhoneを一発で同期する方法

ミュージックでも同期ができる

新しいmacOS「Catalina」からMacのiTunesから廃止され、音楽鑑賞アプリは「ミュージック」に変わった。

iTunesにあった楽曲をiPhoneなどiOSデバイスと同期する機能はミュージックからなくなって、Findierで同期するようになっている。

実はCatalinaの「ミュージック」でもiPhoneの楽曲を同期することができる。

その方法を記します。

f:id:tkan1111:20191206083817p:plain

ミュージックのデバイスを副ボタンでクリック

  1. 同期するiPhoneとMacを同じWi-Fiに接続する
  2. macOS「Catalina」のミュージックを起動
  3. サイドバーのデバイスにある「iPhone」を副ボタン(2本指でタップ)で「同期」を選ぶ
    f:id:tkan1111:20191206084728p:plain
  4. iPhoneの同期が開始される
    f:id:tkan1111:20191206083026p:plain

この方法では、細かい同期の設定はできない。どの楽曲を同期をするかなど詳細な設定をする時は、ミュージックの画面右上にある「同期設定」をクリックして、Finderの画面で行う。

f:id:tkan1111:20191206085019p:plain

これが一番簡単

ちょっと裏技っぽいけど、ミュージックから一発で同期できるので、この方法が一番簡単だ。気に入ったらぜひ使ってください。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。