小説とIT

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

最軽量?無段階で角度調整ができるダイソーの百円スマホスタンドをレビュー

ダイソーの百円スマホスタンド

iPhoneを置くスマホスタンドはたくさん持っているけど、イマイチはまっていなかったので、あれこれ探していたら、ダイソーに良さげなスマホスタンドがあったので買ってみた。

レビューします。

とにかくコンパクト

箱はこちら。記載がある通り、厚さが約1cmと、とても薄い。

これが本体。これしか入っていない。本体を見てもとても薄くて軽い。重さは21g。以前に百均で買ったスタンドが31gだったので、かなり軽量な部類に入る。

よくあるスマホスタンドは背後を支える構造になっているが、このスマホスタンドはスタンド部分にスプリングが入っているので、支えがいらない。

この構造がとても良い。セットアップするときに、支えを立たせる必要がない。スタンド部分を起こすだけで良い。よくあるスマホスタンドだとスタンド部分を持って、支えを起こす必要があるので、2ステップが必要だ。

もう一つのメリットが無段階で角度調整ができることだ。よくあるスマホスタンドだと、支えを入れる切れ込みが5から6つあり、その切れ込みで角度が決まる。

このスタンドは無段階なので、どの角度にもできる。

背面は四隅にゴムがあるので、ずれることはない。

iPhone 7を置いた写真が、こちら。無段階で角度を調整できるのがよくわかる。どんなに角度を倒しても、荷重で沈むことはない。

過去に買った百均のスマホスタンドとの比較。一番右が今回買ったもの。もっともスペースを取らないのがよくわかる。

こちらは7インチディスプレイ搭載のAmazon Fire 7を載せた写真。スマホと比べるとかなり大きいけど、横に置いた場合は普通に使える。ただ、Fire 7を縦に置いた場合は荷重で潰れてしまう。これ以上に重いタブレットとスマホでは使用が難しいだろう。

スマホを置く部分が1cmしかないので、ケースを含めてこれ以上厚いデバイスは使用不可だ。

ちょっとイマイチな点は、支えがないのでタップすると揺れることだ。iPhone 12 miniは小型だけど、大きなサイズのスマホだとさらに揺れて、場合によっては外れてしまう。動画鑑賞やキーボードで入力している時はいいけど、頻繁に画面を触れる時にはあまり向かないかも。

軽くて無段階

軽くて無段階のスマホスタンドを百円で買えるのは素晴らしい。非常にコンパクトなので、バッグに入れて持ち運ぶのに最適だ。小さくて無段階な故に画面は揺れやすいが、スマホを置いて使うだけなら、まったく問題ない。

今までに多くの百円スマホスタンドを買ったけど、現時点ではこれがベストだと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。