ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

MacのTime Machineでバックアップができない時の対処方法

バックアップができない?

ある日突然Time Machineでバックアップができなくなった。何度繰り返しても「バックアップが完了できませんでした」のメッセージが出てバックアップができない。バックアップが取れない状態で、Macのデータが消えてしまったら一大事だ。

Time Machineでバックアップができなくなった時の対処方法をご説明します。

f:id:tkan1111:20200519093359p:plain

まずは再起動

まずはMacと、バックアップ元として使っているTime Capsuleを再起動しよう。基本ですね。Time Capusuleは「AirMacユーティリティー」から再起動できる。

f:id:tkan1111:20200519093654p:plain
f:id:tkan1111:20200519093733p:plain

Time Machineの設定ファイルを削除

何らかの原因でバックアップの設定ファイルがおかしくなっている可能性がある。「com.apple.TimeMachine.plist」がTime Machineの設定ファイルだ。

  1. Finder→「ライブラリ」→「Preferences」→「com.apple.TimeMachine.plist」を削除f:id:tkan1111:20200519094054p:plain
  2. Macの「システム環境設定」→「Time Machine」から「ディスクを選択」で、バックアップファイルを保存するTime Machineディスクを設定する
    f:id:tkan1111:20200519094442p:plain

これでもダメなら、バックアップファイルを削除

Time Machineのバックアップファイルはバックアップする度に更新される。バックアップに失敗するなは何らかの理由でバックアップファイルが壊れてしまっているかもしれない。こうなるとバックアップファイルを一度削除するしかない。削除すれば過去のバックアップは当然消えてしまうので、慎重に。

バックアップファイルは設定したディスクにある。ファイル名は「Macの名前+.backupbundle」だ。

f:id:tkan1111:20200519095415p:plain

バックアップファイルを削除できない場合

勇気を出してバックアップファイルを削除しようとしてもエラーが出て削除できない場合がある。バックアップファイルを更新しているか、ファイルが壊れているのかどちらかだ。

Macの「システム環境設定」→「Time Machine」→「ディスクを選択」で、「ディスクを削除」を選ぶ。「バックアップの自動作成」も自動的にオフになる。

f:id:tkan1111:20200519095718p:plain

これでもバックアップファイルを削除できない場合は、「Macの名前+.backupbundle」を右クリックして、「パッケージの内容を表示」を選ぶ。

バックアップファイルは複数のファイルをパッケージ化してあるので、中身のファイルをひとつずつ削除する。

しつこいけど、バックアップファイルを削除すれば過去のバックアップは全て削除されるので、ご注意。

f:id:tkan1111:20200519095955p:plain

なんとかバックアップできるようになった

筆者の環境では、これでバックアップが正常に行えるようになった。もちろん過去のバックアップファイルは消えてしまったが、最新のバックアップがあれば過去のバックアップをリストアすることもないから、別段困っていない。

バックアップができなくなったらお試しください。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。