ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Macでタイマーを設定する方法【Macの裏技】

タイマー機能がないMac

iPhoneやスマホを使っていると不思議に思えるけど、Macにはタイマー機能がない。アラームもないし、世界時計もない。Windwosには「アラーム&クロック」というアプリがあり、タイマーを設定できる。

Macでタイマーを設定する方法をご紹介します。

Siriにお願いする

Mac用のタイマーアプリはたくさんあるので、本格的に利用するならアプリをインストールする方が良い。例えば、こんなアプリがある。

AS Timer

AS Timer

  • Alinof Software Sàrl
  • 仕事効率化
  • 無料

できるだけアプリをインストールしないで標準の状態でOSを利用したい人は、Siriにお願いする方法がある。

  1. Siriを起動する(対応機種なら「Hey, Siri」)
  2. 「5分タイマー」と発話する
  3. Siriが「はい、今日のリマインダーに追加しました」と言って、5分後の時刻指定のリマインダーを設定してくれる
    f:id:tkan1111:20210825085318p:plain

  4. 時間になると「リマインダー」の通知が届く

    f:id:tkan1111:20210825085520p:plain

Siriが、リマインダーをタイマーがわりに設定してくれるのだ。設定したかどうかはリマインダーで確認できる。ただ、リマインダーなので、iPhoneのタイマーのように、残り何分なのかは表示されないので、タイマーを設定した時刻と現在時刻から自分で計算しないといけない。

ちなみに、Siriにアラームをお願いすると、リマインダーを設定するか確認してくれる。「確定」すると、「アラーム」というタイトルのリマインダーが設定される。

f:id:tkan1111:20210825090306p:plain
f:id:tkan1111:20210825090407p:plain

カップラーメンの待ち時間などには使える

カップラーメンの待ち時間などの設定には、リマインダーでも全然問題ない。Siriにお願いするだけなので簡単だ。

リマインダーは同じiCloudアカウントのデバイスに共有されるので、iPhoneやApple Watchにも通知されるので、Macの前から離席していても気付きやすい。

たまにアラームを使うぐらいなら、これで問題ないと思う。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。