ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

MacでAirPodsを使う時に気をつけること

MacでAirPods

iPhoneと相性抜群なAirPods。同じApple製品であるMacで使っても便利だが、iPhoneと異なる点がいくつかある。

MacでAirPodsを使う時に気をつける点を説明します。

f:id:tkan1111:20190423082306p:plain

Macでは「Hey Siri」が使えない

新型AirPodsでは「Hey Siri」と音声でSiriを起動できて非常に便利だが、Macでは使用できない。もっとも最新の2018年モデルのMacBookなら、「Hey Siri」が使えるので、困ることはない。

iPhoneと異なるダブルタップの設定ができる

AirPodsのイヤホンをダブルタップすると「次のトラック」などのコマンドを実行できる。MacでもiPhoneと同様に、左右イヤホンの設定変更が可能だ。iPhoneの設定とは別に設定できるので、「Hey Siri」が使えるiPhoneでは設定不要の「Siri」をMacにだけ設定することもできる。

  1. AirPodsを耳につけて、Macに接続する
  2. Macの「システム環境設定」→「Bluetooth」をクリック
  3. 「AirPods」の「オプション」を選択

    f:id:tkan1111:20190423083545p:plain

  4. 「左のダブルタップ」「右のダブルタップ」を選ぶ。
    f:id:tkan1111:20190423083632p:plain
    選べるコマンドは、iPhoneと同じ

    f:id:tkan1111:20190423083750p:plain

iPhoneとの切り替えはマニュアル

AirPodsにはマルチアクセスポイント機能がないので、iPhoneと接続して利用していたAirPodsをMacで使う時には、マニュアルで切り替える必要がある。

切り替え方法は、2つ。

ひとつは、Bluetoothアイコンから。

  1. AirPodsを耳に装着
  2. トップバーのBluetoothアイコンをクリック
  3. 「AirPods」→「接続」をクリック
    f:id:tkan1111:20190423084414p:plain

もうひとつは、スピーカーアイコンから。

  1. AirPodsを耳に装着
  2. トップバーのスピーカーアイコンをクリック
  3. 「AirPods」をクリック
    f:id:tkan1111:20190423084730p:plain

2クリックだけで選べるスピーカーアイコンの方が便利だ。

同じiCloudアカウントならMacでの設定は不要

同じiCloudアカウントなら、iPhoneでAirPodsを設定すればMacでの初期設定は不要。

そういう人がいるかどうかわからないけど、iPhoneをもっていなくても、MacだけでAirPodsを使うこともできる。

  1. Mac で、Apple メニュー  から「システム環境設定」を選択し、「Bluetooth 」をクリック

  2. AirPods をケースに入れて、蓋を開いたままにする

  3. ケースの背面にある設定ボタンを長押しして、ステータスランプが白く点滅するまで押し続ける(約15秒)

  4. 「デバイス」リストでからAirPods を選択し、「接続」をクリック

AirPodsのバッテリー確認方法

MacでAirPodsのバッテリーを確認する方法はいくつかある。

Bluetoothアイコンをクリックして、AirPodsにフォーカスを当てると、左右の電池残量を確認できる。

f:id:tkan1111:20190423085939p:plain

スピーカーアイコンをクリックしてもわかるが、こちらはアイコン表示なので、ざっくりとしかわからない。f:id:tkan1111:20190423090549p:plain

Siriに聞くと、なぜか嘘をつく。

「AirPod」の数字は、このMacのバッテリー残量だ。最初の0%は意味がわからない。

f:id:tkan1111:20190423091408p:plain

AirPodsを接続していない時に「バッテリー駆動時間」を尋ねると、別の言い方になるが、やっぱりMacのバッテリー残量を言ってくる。

f:id:tkan1111:20190423091830p:plain

ただ単に「バッテリー残量」を尋ねると、正しく「Macの充電残量」と言ってくるので、わざと嘘の残量を言っていると思われる。ひどいな、Mac。

f:id:tkan1111:20190423091908p:plain

まとめ

MacではiPhoneと別々の設定ができるのが便利だ。iPhoneでは「Hey Siri」でSiriを起動できるので別の機能を左右のイヤホンに割り当てて、Macでは「Siriを起動」を割り当てることもできる。

マニュアルで接続先を変更するのは面倒だが、新型になって切り替えも速くなったので、許容範囲であると思う。