小説とIT

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

Magic Keyboard一週間レビュー。iPhoneでMacの感覚が味わえる

Magic Keyboardを買って一週間

Magic Keyboardを購入して一週間経った。その間、iPhoneと接続してずっと使っていた。最初の頃より気づいた点がいくつかあったのでレビューします。

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

とにかく打ちやすい

入力していて感じるのはとにかく打ちやすい。まったく違和感がなく、スムーズに打鍵できた。

普段使っている2017年版MacBook Proはバタフライキーボードで、Magic Keyboardはシザー式だ。故障が多くて不評だったバタフライの感触が好きだったけど、シザー式も悪くない。悪くないというか、かなり良い。キーストロークが深く、反発力が強いので打った感触がしっかり残る。5年使って少しへたってきたMacBook Proよりも的確に打鍵できる。

MacBookと同じキーレイアウト

MacBook Proのキーとレイアウトがまったく同じだ。キーの大きさも同じだ。Touch Barがないので、ファンクションキーが大きくて押しやすい。特にESCは大きくてキーボードの隅にあるので打鍵を間違えない。

パームレストは不要

ノートPCと違ってMagic Keyboardには掌を載せる部分がない。使いづらいかと思ったけど、Magic Keyboardは薄いので、掌をデスクにおいて打鍵しても問題がなかった。

この季節、天板の材質によってはベタっとすることはあるけど。

ずれない

底面の四隅にゴムがあるので、打鍵していてもずれない。デスクにべったりくっついて移動させる時に手間取る感じもなく、ちょうど良い感じ。

小さくて薄い

Magic Keyboardはとにかく小さい。Ankerのキーボードより小さく、薄いので、カバンの中でも嵩張らない。

フルキーボードアクセスが快適

キーボードでiPhoneを操作できるフルキーボードアクセスが快適だ。とくにAppスイッチャーがキーボードで使えるので、画面に触れなくてもアプリを切り替えることができる。

入力がメインなら、ほとんど画面に触れなくても操作できる。

F3がもったいない

F3に相当するファンクションがiPhoneでは使えない。MacだとMission Controlが動作するが、iPhoneでは全く反応しない。

フルキーボードアクセスのコマンドが割り当てられれば便利なんだけど、F3だけにコマンドを割り当てることができない。ただ、すべてのファンクションキーに1つのコマンドを割り当てることは可能だ。

電源スイッチ押しにくい

褒めてばかりなので、気になった点も。一番は電源スイッチが押しづらいこと。後部にあるのでキーボードをひっくり返す必要がないのはよいけど、スイッチがあまりにも小さいので、見ないで操作するのが難しい。動かしたつもりでも、電源ランプもないので、実際に見ないと起動しているかどうかはっきりしない。

買ってよかった

iPhoneでの執筆が習慣になって、たくさんのBluetoothキーボードを試してきたけど、Magic Keyboardが最高だった。トラックパッド付きも試したけど、フルキーボードアクセスをカスタマイズすればトラックパッドがなくても、操作できる。

多少高価だけど、色々迷うならMagic Keyboardをお勧めします。