ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

1万円前後の安いパソコンデスクを探してみた

パソコンデスクが欲しい

自宅で仕事をする時間が増えると、パソコンデスクとチェアが欲しくなる。ここ最近は、IKEAのVITTSJÖ ヴィットショーを使っていた。4,999円とテーブルとしては破格で、ガラストップで装飾がないデザインがシンプルで美しい。

ただ、筋交がないからかキーボードを打つとわずかに揺れを感じるのと、奥行きが46cmしかないのが狭く感じるようになってきた。ノートPCだけを置いて使うのには問題ないが、書き物をするには少々狭い。

というわけで、新しいパソコンデスクを探すことにしました。

パソコンデスクの条件

パソコンデスクに求める条件は、こちら。

  • 安い(1万円前後)
  • 揺れない
  • シンプルなデザイン
  • モノトーン

買うなら安いに越したことはない。1万円以下だと嬉しい。揺れないのはデスクの基本。筋交いがあって高い評判のものを選びたい。

デザインはシンプルが最高。けばけばしい装飾があると集中力が削がれる。

部屋の内装がモノトーンで木目を極力排しているので、木製は不可。この条件が結構厳しい。安いパソコンデスクは木目調の印刷が天板にしてあるものが多い。

いくつか見つかった

条件に合うデスクがいくつか見つかった。

まずは今使っているものと同じIKEAのゲーミングデスク。価格は12,990円で少々予算オーバー。天板は樹脂製で木目調ではない。奥行きが80cmと結構広い。放熱のために奥がメッシュ状になっているが、ゲームはしないので、そこまでは不要。筋交がないのも少々不安だし、脚立型の脚も気になる。

次に見つけたのが、アイリスオーヤマのパソコンデスク。足場がしっかりしていて、昇降するのもポイント。体格に合わせやすい。価格は幅120cmタイプで11,500円。天板はメラニン加工してあるので、木目調ではなさそう。

予算オーバーなのと、個人的に逆T字型の脚はオフィスっぽくて自宅には合わない気がする。

こちらはサンワダイレクトのシンプルワークデスク。価格は8,980円で予算内に収まる。天板はメラニン化粧板で、ブラックは木目調ではない。奥行きが60cmでピッタリだ。筋交も入っていて、評価も高い。欠点を挙げるとすればシンプルすぎて、パソコンデスクによくあるケーブルを収納するネットなどがないことか。名前の通り本当にシンプル。

もうひとつサンワサプライの商品。シンプルワークデスクと同じ形状だが、天板がポリウレタン塗装の鏡面仕上げ、脚もシルバーで無骨な感じはしない。価格は9,980円で、予算ギリギリ。欠点はシンプルワークデスクと同じで、あまりにシンプルすぎる点。ただ、シンプルデスクと同じで、スチール製なのでマグネットがくっつく。フックなどは後付けできる。

どれにしようか

探すと1万円前後のパソコンデスクは結構あった。サンワサプライの商品が評判が良かった。筋交がきっちり入っているのが好印象。パソコンデスクに特化したアイリスオーヤマ製も捨て難い。

もうしばらく検討してみます。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。